ライドナレッジ|RIDE HI

タイヤを潰せば浅いバンク角で曲がれる

●記事提供: ライドハイ編集部

上り坂は曲がりやすい、それがトラクション効果

山の中で、上り坂のカーブだと安心して曲がれる……誰でもそう感じるはず。これは登り勾配に対しスロットルを開け続ける、つまりエンジンのトルクによる駆動力で後輪が路面を蹴る状態が続いているからだ。

下り坂では加速するとスピードが出てしまうので、こうはいかないのはご存じのとおり。

後輪は旋回しながら路面を蹴ると、曲がっていく方向が安定してより強く曲がれる。このパフォーマンスを専門用語でトラクションと呼んでいる。

そしてこのトラクション効果、後輪のタイヤを潰すほど曲がり方も安定性も強まる。それは深くバンクしなくても強く曲がれるという、一般道路でリスクを減らし醍醐味も楽しめる一石二鳥のテクニックでもある。

ただ駆使するにはエンジン回転やスロットルの開け方にコツが要るのだ。


※本記事は”ライドハイ”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース