教えてネモケン|RIDE HI

【Q&A】体重移動は順序がある(一気に動かない)

膝擦りフォーム? で身構えても、リーンがすぐに始まりません……。

●記事提供: ライドハイ編集部

A.コーナリング中のフォームは最終のカタチで途中を間違えると効果激減!

プロのレースシーンで見る肘擦りフォームは、一気にあの姿勢にはなっていません。コーナー入り口で下半身こそイン側へズラして身構えますが、燃料タンクに覆い被さるように上半身がイン側深くに位置する姿勢は、リーンがはじまってから追いかけるように動いているのです。

なぜか最初からあのカタチで予めフォームをつくっていると思い込んでいる人が多く、どの道やらないから自分には関係ないで片づけてしまいがちですが、実はこの上半身が後から動いているアクションには、リーンの基本動作の大切さを再認識させる重要なポイントが含まれているのです。

いまいちどレースシーンの肘擦りフォームを解説すると、コーナー進入でのブレーキング中に下半身は次のコーナーのイン側へズラした態勢をとりますが、上半身とりわけ顔は減速姿勢で起していて、位置的には真ん中をキープ、リーンをはじめるときブレーキリリースで下半身がイン側にあった関係から、車体がブレーキで起されていた反力を失ったきっかけで倒れはじめたタイミングに、上半身を両肩が弧を描くようにイン側へ扇状に移動……という順序を辿ります。

なぜこんな動きになるかといえば、多くのライダーが勘違いしやすいリーンは「横へ動く」のではなく「体幹で重心を下へ」で動作するのが無駄なく効力を最も高くできるからです。


※本記事は”ライドハイ”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース