ライドナレッジ|RIDE HI

【ライディングテクニック】どう乗れば荷重は増やせる?

●記事提供: ライドハイ編集部

「荷重をかける」とか「荷重を抜く」を読み解くチャンス!

速く走れるライダーの口からよく出てくる「荷重」という用語。ただ漫然と車上の人でいるより、何か積極的な操作をしたほうが思うように走れそうだけど、チカラづくのアクションじゃないのは想像がつく。

確かにこの「荷重」は走りを左右する鍵を握っていて、うまく扱えば面白いようにバイクを操れるが、ちょっと勘違いすると逆効果で足を引っ張られる側にも作用する厄介な部分も内包しているのだ。

まず「荷重」は後輪や車体のイン側などに体重を預けるその割合の量を指していると理解しておこう。

ただし後輪に作用する駆動力や、加速Gや減速Gなども増減する荷重のひとつ。何ともややこしそうだが、ライダーの操作次第でもこれが大きく変わるので、その荷重をかけるコツを覚えるか否かはかなり重要になってくる。


※本記事は”ライドハイ”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース