ライドナレッジ|RIDE HI

【Q&A】シフトアップのチェンジミスはなぜ起こる?

●記事提供: ライドハイ編集部

ギヤチェンジの「空振り」操作ミスは意外に多い

発進してローから2速はともかく、2速から3速、もしくは3速から4速へシフトアップしたとき、エンジンがワ~ンと空吹かしになって、ギヤがどこにも入っていない、つまり駆動できず加速してない状態に陥る経験をしたことがあるはず。

もしかして、トランスミッション(変速機)の故障? あまり頻繁に起きるとバイクの調子を疑いはじめたくなる。

しかしほとんどは、操作に慣れていないビギナーだったり、バイクを買い替えた不慣れから操作にムリがあるなど、扱いがラフな場合がほとんど。

とくにビギナーにとって、チェンジペダルをつま先で掻き上げる操作は、慣れるまで親指つけ根の皮膚が剥けたり意外な辛さで、できたらギヤチェンジしたくないところまで陥っても不思議ではない。

この辛さや痛さを経験すると、どうしてもつま先のシフトペダル操作が「逃げ」がちな角度になりやすいのもチェンジミスをする原因のひとつ。

そこでつま先が外を向いていないか、まずはそこからチェック。痛さを逃げて足首から斜めに操作すると、掻き上げた最後がペダルから遠くなり、この曖昧さがギヤを次へ送り込めない中途半端な結果となりやすいからだ。


※本記事は”ライドハイ”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース