教えてネモケン|RIDE HI

【Q&A】ハンドルからチカラを抜くには?

ハンドルからチカラが抜けずうまく曲がれません……。

●記事提供: ライドハイ編集部

A.左手の外指2本ホールドと手首をまっすぐで驚くほど曲がれます!

よくハンドルからチカラが抜けていないと、うまく曲がれないといわれています。なぜならバイクはハンドルで前輪を左右に切って曲がる構造ではないからです。 ハンドルを切っても曲がれない……のは乗れば誰でもわかります。バイクは車体を傾けて曲がります。でもそのとき前輪はどうなっているのでしょうか?

タイトルの画像をご覧になるとわかるように、車体(後輪)が傾くと前輪がその傾きに促されて僅かに舵角がつきます。これを「セルフステア」といって設計時にフロントフォークの角度やブラケットのオフセット量をバランス良く設定することで、ライダーがイメージした曲がり方に従順な反応をするようにしてあるのです。

しかし、このときハンドルを押したり引っ張ったりの舵角を押さえるチカラが加わると、前輪が後輪の旋回に追従せず曲がりにくくなり、後輪も旋回力が弱まって曲がれる能力を妨げる結果となります。


※本記事は”ライドハイ”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース