第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

教えてネモケン|RIDE HI

【Q&A】スーパースポーツで車体を深くバンクさせずに楽しむには?

スーパースポーツで主にワインディングを楽しんでいます。公道では無理しませんが、たとえば浅いバンク角の走りを楽しみたいならどんなことを意識するといいでしょうか? ネモケンさんがワインディングを走るときどこに楽しさを見出しているのでしょうか?


●文: ライドハイ編集部(根本健) ●写真: 本田技研工業, 折原弘之

A.タイヤを潰す操作で曲がる能力と安定性を生かして走ろう

ワインディングでは、膝を擦るほどフルバンクしてのコーナリングは自殺行為です。通い詰めてすべてのコーナーに慣れているからと、攻め続けるのもNGなのはいうまでもありません。万一スリップダウンしたら、対向車も来るし壁に激突か千尋の谷へ真っ逆さま……そんな末路、バイクファンとして全面否定ですよネ。

しかしスーパースポーツで走るのなら、その最高峰ならではのパフォーマンスを楽しみたいと思うのは当然のことでしょう。ではトップエンドのコーナリングマシンは、フルバンクで限界時の旋回力だけが他と差のつく部分なのでしょうか。もちろん、そうではありません。


※本内容は記事公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース