教えてネモケン|ライドハイ

【Q&A】タイヤのグリップ感が得られない不安を払拭したい!

カーブを曲がっているときにタイヤの接地感がよくわかりません。曲りはじめから立ち上がりまでタイヤがグリップしている感じがなく不安です。これって何か原因があるのでしょうか……。

●文:ライドハイ編集部(根本健) ●写真:長谷川徹、真弓悟史、渕本智信

A.身体の力を抜いてシート座面に体重をしっかり預ける

「グリップ感」や「接地感」という言葉をよく耳にするものの、体感としてはどういう感じであるのか、なかなかわからないものですよね。最初から難しく考える前に、グリップ感や接地感は、ライダー自身が操作して得るものという話から始めましょう。

例えば交差点の右左折や低速でターンする時の曲がっている最中にフラッとしたら、バランスをとるためにスロットルを開けて加速します。このときエンジンは低回転ですから、必要な駆動力を得るためにスロットルを大きく捻ります。それに合わせて、後輪がグイッと路面に押し付けられるような感触が得られるはずです。

これが、後輪がグリップしていることを感じる基本だと考えてください。そしてもうひとつ、理解しておきたいことがあります。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報