第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

教えてネモケン|RIDE HI

【Q&A】新車に必ず装備されているABS。どんなときに作動するのですか?


●記事提供: ライドハイ編集部

A.万一の場合で日常的な作動はありません。でもリカバーできる範囲はさらに拡がっています!

ABS(アンチロック・ブレーキ・システム)とは、急なハードブレーキングで起きるホイールロックをコンピューターが前後のホイールの回転差から検知、自動的にブレーキ圧を抜いたり加えたりを高速で繰り返して、安全な制動距離で停止してくれる装置です。

二輪車では2018年10月からの新型車、継続生産車も2021年10月から標準装備を義務付けられています。しかし装備されているABSが作動する状況は”起こり得る可能性”はあるものの限定的な状況が多く、恩恵を今まで感じたことがない、もしくはどれぐらいの強さでブレーキをかければABSが作動するのかわからない方がほとんどだと思います。

ABSが作動する状況として、まず思い浮かぶ場面といえば雨の日で路面が濡れていたり、道路に砂が浮いている滑りやすい路面状態でしょう。また乾いていた路面だったのが、木立に覆われたコーナーに差し掛かったら路面が濡れていることもよくあります。

そんな突然の変化に慌ててブレーキをかけたとき、ホイールがロックするかしないかでは雲泥の差があります。特にビッグバイクにとって前輪ロックは命を失う大事故にもなりかねません。


※本記事は“ライドハイ”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース