きっかけはドゥーハン|RIDE HI

サム(親指)ブレーキが増えている、レースはリヤブレーキを使いまくり!

●記事提供: ライドハイ編集部

リヤブレーキは効かないから使わない、そんなことを豪語していたらかなり後れてるライダーだ

MotoGPマシンがピット前で後輪を高々と持ち上げて止まったり、コーナーへの進入でフルブレーキングしている映像でリヤタイヤが路面から離れているシーンをよく見る。

猛烈に効くフロントブレーキの強大なストッピングパワーで、車重とライダーの体重すべてが前輪側へ載ってしまい、後輪は路面に接していることすらできない。

そんな状況でリヤブレーキをかけても無意味に思える。

「リヤブレーキ? 効かないからフロントしかかけない」ベテランやレース経験者にそんな風に言われたら信じるに違いない。

確かにリヤブレーキは足応えが曖昧で掴みにくく、ちょっと強く踏むとABS装着車はカクカクッと小刻みに緩んで制動力は期待できないし、ABSがなければ簡単に後輪がロックして肝を冷やす。

速いプロクラスがそう言うなら、扱いづらいリヤブレーキは使わないでおこうと思ってしまっても不思議はない。

ところが実際のMotoGPでは、なんとリヤブレーキを使いまくりなのだ。


※本記事は”ライドハイ”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ホーム“最後に栄冠を手にするために”岡谷雄太、WSS300 4年目の挑戦/2022年シーズンの抱負を語る
WEBヤングマシン|新車バイクニュース