量産車初はCB750Four|RIDE HI

【Q&A】ディスクローターにプツプツ空いている穴は何のため?

●記事提供: ライドハイ編集部

思った以上に役目が多い!?

いまやスポーツバイクはオンロード・オフロード問わず、原付2種のスクーター等でもディスクブレーキを装備している。そしてディスクローターには、もれなくプツプツと小さな穴が開いている。じつはこの穴、けっこういろいろな役目を持っているのだ。

まず主な目的は「放熱効果」。ディスクブレーキはある程度温度が上昇しないと効きが悪いのだが、とはいえ山道の下り坂で頻繁にブレーキをかけたり、サーキット走行等で強いブレーキングを繰り返すと、発熱し過ぎて効きが悪くなる状態に陥る。そこでたくさん穴を開けることでディスクの表面積を増やし、放熱性をアップしているというわけだ。

次が軽量化。現在の市販バイクのディスクローターは、材質がほとんどステンレスで相応に重い。


※本記事は”ライドハイ”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ホームシートが高くても、足着き性は解消できる! – ライテクをマナボウ ♯03
WEBヤングマシン|新車バイクニュース