教えてネモケン|ライドハイ

【Q&A】タイヤのチューブ入りとチューブレスはいったい何が違うのでしょうか?

タイヤにはチューブ入りとチューブレスがありますよね。スポークホイールが好みなのですが、パンクすると大変だと言われました。この2種類の大きな違いはをどんなところにありますか?

A.チューブ入りタイヤはパンクしたときに空気が一気に抜けます

ご存知のとおり、バイク用のタイヤには主にチューブ入りとチューブレスの2種類があります。

チューブ入りはホイールとタイヤに間にゴム製チューブを入れで空気圧を保ち、チューブレスはホイールリムとタイヤが密着することで空気圧を保つという構造上の違いがあるのです。

スポークホール(人によってはワイヤーホイールと呼ぶ)は、36〜40本ものスポークがホイールリムに組み付けられていますが、1本1本のスポークがリムを貫通する構造となっており、この状態ではタイヤとリムが密閉されていないのです。

そのため鋳造や鍛造によって一体で成形されるアルミやマグネシウム製のキャストホイールのように、タイヤの空気圧を保つチューブが不要になる、チューブレスタイヤを装着できません。正確にはスポークホイールにもチューブレスタイヤを装着することはできるのですが、昔ながらのチューブが必要になるわけです。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報