教えてネモケン|RIDE HI

【Q&A】溝がないスリックタイヤがグリップするのはなぜ?

MotoGPなどを走るレーシングマシンには、専用のスリックタイヤが使われています。スリックタイヤには溝がないのになぜグリップするのですか?

●文: ライドハイ編集部(根本健) ●写真: 日本ミシュラン, 真弓悟史

A.公道用とはタイヤのコンパウンドの柔軟性が違います!

バイクのタイヤには、路面に接地するトレッド部分に様々なパターンの溝が刻まれていて、摩耗して溝が浅くなれば滑りやすくなります。対して、強力なグリップ力が求められるはずのレーシングタイヤは、最初から溝がないスリックタイヤが使われています。

溝がなければ接地面積が増えるという理屈なら、一般公道タイヤも溝がなくなるまで減れば、グリップが良くなりそう……そんな気もしますが、もちろんそんなことはありません。

スリックタイヤはトレッド部分のゴム質(専門用語ではコンパウンドと呼んでいます)、まさにこの混ぜ合わせて得るゴムの特性が一般公道用タイヤとはまったく異なっているのです。


※本内容は記事公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース