全日本モトクロスに挑むオーストラリアの覇者ジェイ・ウィルソン(後編)

ジェイ・ウィルソンがインタビュー前編で口走った、インターバルトレーニングとは何か? その実態がいま明らかになる。

●文: 浦島信太郎 ●写真: モトクロnet

Q. インターバルトレーニングというと、走って休んでを交互に繰り返すイメージがありますが…。

A. 休むことはあまり想定していないので、スプリントトレーニングと言い換えた方がいいかもしれない。
要するに30分とか35分のヒート練習やモト練習よりも、1周とか2周を全力で走るスプリントを繰り返した方がスピードを身に付けられるということだ。
いろんな方法があるけれど、僕が取り入れている練習法の一つが、ジョシュ・コピンズ(1999~2012年MXGPライダー。2002年250ランキング2位、2005年MX1ランキング2位。引退後ニュージーランドでジョシュ・コピンズ・レーシングを主宰)に教わった「ピラミッド」というプログラムだ。

Q. 具体的にどういう?

A. 1周+2周+3周+4周+3周+2周+1周を全力で走るんだ。
周回数をグラフにするとピラミッド型になるので、それが名前の由来だと聞いた。これはきついよ。
1周したらスタートに戻り、休まずにまたスタートして2周…というスプリントを積み重ねる。全部で16周になるので、1周2分ぐらいのコースだとトータル走行時間は32分を超える。
ヒート練習と同じ周回数になるかもしれないけれど、違うのはゼロからスタートしてすぐに全開という走りを繰り返すことだ。


※本記事は“モトクロnet”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース