第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

2021年末に続くインタビュー|モトクロnet

全日本モトクロスに挑むオーストラリアの覇者ジェイ・ウィルソン【モトクロnet インタビュー】

昨年最終戦でのインタビューに続く第2弾! オーストラリアから移住してきたジェイ・ウィルソンに、日本での暮らしや開幕戦の印象を語ってもらった。ヤマハが開発中のEPS、スピードを磨く練習方法など、数々の秘密が解き明かされる!


TEXT/浦島信太郎  PHOTO/モトクロnet

Q. 全日本モトクロス、フル参戦が実現しましたね。

A.ようやく夢がかなって、ホッとしているところなんだ。去年来日したときには明言できなくて申し訳なかったけれど、この計画については2年前からヤマハと相談してきた。

ライダー人生のほとんどを一緒に過ごしてきたヤマハのために、もっと貢献したい気持ちがまずあったんだ。レーサーとして勝ち続けることはもちろん、マシン開発やライダー育成などにも興味があるので、日本でじっくり仕事ができたらいいなと…。

これまでオーストラリアやニュージーランドにとどまらず、MXGPにもAMAにもチャレンジしたきた。でも27歳という年齢やワイフと子供のことを思うと、遠距離を転戦するのは難しい。

前回のインタビューで話したように、エディ・ウォーレン(1985年AMAスーパークロス125イーストチャンピオン。後年アメリカからオーストラリアに移住。1992年全日本モトクロス250チャンピオン)の足跡をたどることも夢見ていたので、日本という行き先がどんどん明確になってきたんだ。


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース