全日本モトクロス開幕戦・決勝レポート【モトクロnet】

●記事提供:モトクロnet

2022年の全日本モトクロス選手権シリーズは、熊本県のHSR九州で開幕。4月10日(日)には各クラスの決勝レースが実施されました。予選が繰り広げられた前日に続いて天候に恵まれ、コースはドライコンディション。日差しは強く最高気温は25℃まで上昇し、まるで初夏のような陽気でした。アップダウンがほとんどない土地に設けられた、広いコース幅も特徴とするコースは、基本的なレイアウトをこれまでから踏襲。本来は阿蘇の火山灰に由来する黒土の路面ですが、大会前に大量の山砂を搬入しながらメンテナンスされました。

IA1ヒート1は、ヤマハファクトリーチームの富田俊樹(#2)がホールショット。ホンダに乗る小方誠(#5)と大城魁之輔(#22)、カワサキファクトリーチームの能塚智寛(#3)が続くと、まずは能塚が大城をパスし、小方はすぐに5番手まで後退しました。

さらに、ヤマハファクトリーチームの渡辺祐介(#4)も大城の攻略に成功。1周目を富田、能塚、渡辺、大城、小方の順でクリアしました。2周目、能塚は後続を2秒ほど引き離しつつトップの富田に肉迫。3周目には両者が激しいバトルを繰り広げて何度か順位を入れ替え、能塚が先頭に立ちました。ところが翌周、能塚は転倒を喫して上位勢から大きく遅れた6番手に後退。逆に渡辺と大城は富田との距離を詰め、トップグループは3台になりました。


※本記事は”モトクロnet”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ホーム使いやすさ抜群のプラグソケットなど、おすすめコーケン製工具×6選
WEBヤングマシン|新車バイクニュース