スペースの確保に成功したら「モーターサイクルガレージ・ベーシック」で本格ガレージライフを実現

ガレージ用スペースをゲット!! そんな幸運が転がり込んできたときに、もっとも近道でガレージングを楽しめるのが「市販のバイクガレージ」である。ここでは、バイクユーザーの心理を理解したデイトナが展開する、ベーシックシリーズに注目しよう。

●文/写真:モトメカニック編集部 ●外部リンク:デイトナ

「デイトナ モーターサイクルガレージ ベーシック」とは?

デイトナガレージのベーシックシリーズは、豊富な寸法ラインナップと土間工事が不要なのが特徴だ。最小寸法のガレージ(DBG-1326L)は、外寸法で幅1370×奥行2630×高さ2070mm。シャッター入口部分の有効開口部寸法は、幅1164×高さ1586mm。一方、シリーズ最大サイズ(DBG-2630H)は、外寸法で幅2630×奥行3050×高さ2370mm。シャッター有効開口部は幅2424×高さ1886mm。高身長なユーザーが両腕を大きく開いても、シャッター内寸には届かない幅の広さが大きな魅力だ。品番末尾には「L」と「H」の文字が入るが、ロールーフのL仕様とハイループのH仕様の違いで、Lは外寸高さ2070mm、Hは2370mm。つまりHシリーズの方が、天井の高さが300mmだけ高い。

ベーシックシリーズの中で多くの販売実績があるDGB-1730Hが、今後は写真のDBS-1830Hへと品番変更される。品番は変わるものの、全幅×奥行×高さに変更はないようだ。シャッターメーカーの変更によって、従来商品シャッターと比べて作動時にやや軽くなったそうで、シャッター本体のキーロックに関しては、ツインタイプからシングルタイプへと変更されている。

デイトナ モーターサイクルガレージ ベーシック
デイトナ モーターサイクルガレージ ベーシック

【デイトナ モーターサイクルガレージ ベーシック DBS1830H】単純なバイク置き場としての利用なら、スポーツバイクの大型車で2台。ツアラークラスの大型車なら1台ユースの「デイトナ モーターサイクルガレージ ベーシック」。人気のサイズだったDBG-1730Hに替わるDBS-1830Hが市販開始。製造工程の変更によって、仕様詳細が一部変更されたそうだ。今後はこの品番が人気モデルの中心となりそうだ。●価格:未定 [写真タップで拡大]

ベーシックシリーズは、ユーザー向けに様々なオプションパーツが用意されており、それらを装備することで使い勝手がさらに良くなる。また、商品購入時(成約タイミング)に仕様をチョイスできるオプション品(後付け不可)の中には、ポリカーボネート製半透明窓や通気パネル、ガラス窓セット、壁面扉、ガラス窓付きでアルミ材のカマチドアなどの設定もある。これらのオプション品を装備することで、充実度はより一層高まるはずだ。バイクいじり環境が良くなると、愛車がさらに可愛くなることは間違いない。

デイトナ モーターサイクルガレージ ベーシック|ラック
デイトナ モーターサイクルガレージ ベーシック|電源

[写真タップで拡大]

デイトナ モーターサイクルガレージ ベーシック|マット
デイトナ モーターサイクルガレージ ベーシック|照明

[写真タップで拡大]

デイトナ モーターサイクルガレージ ベーシック | 棚

新型式のDBS-1830Hも、従来商品と同じくスチール棚や防犯用シャッターガードプレートを装備する。床敷はゴム敷からジュータンへと仕様変更。 [写真タップで拡大]

デイトナ モーターサイクルガレージ ベーシック|ラウンドロック

シャッターガードプレート用のラウンドロック(南京錠) は、オプション設定の別売。 [写真タップで拡大]

モーターサイクル用ガレージ|DAYTONA|スロープ

[写真タップで拡大]

モーターサイクル用ガレージ|DAYTONA|スロープ

シャッター前に置くことでバイクの出し入れが楽になるスロープは、高さ調整機能付き。アルミスロープワイドとスロープを引っ掛け収納するフックもそれぞれオプション設定。 [写真タップで拡大]


※本記事は”モトメカニック”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

モトメカニック

バイクいじりの専門誌『モトメカニック』のお買い求めはこちら↓

最新の記事

ホームヒロミ、”50年モノのバイクを磨くだけ”の休日を過ごす。「見てる人は全く興味ないかもね。でもね、これが楽しいんだよ」
WEBヤングマシン|新車バイクニュース