合理的? 世知辛い? 販売終了が続く純正部品。独自のネットワークで立ち向かうアドバンテージ廃番プロジェクト

アドバンテージ廃番プロジェクト

’80年代末から注目され始めた空冷4気筒の逆輸入車。’70年代に製造されたバイクの性能を上げる絶版車カスタムが大きな流行となる一方で、ブームが一周すると純正スタイルへの回帰も始まった。そこで直面するのが、バイクメーカーによる純正部品販売終了問題である。アドバンテージの「廃番プロジェクト」は、純正部品と同品質の補修用部品を供給する待望の新企画である。

●文/写真:モトメカニック編集部(栗田晃) ●外部リンク:アドバンテージ

純正スタイルが求められる今だからこそ、ノーマルと同等の性能を回復できるパーツを続々開発

効きの悪いブレーキや頼りないサスペンション、アイドリングが安定しないキャブレターなど、弱点を補う目的で行われてきた絶版車のカスタム。その一方で、性能はさておき、カスタムではなく純正スタイルを求めるユーザーも増えている。

絶版車に乗り続けたいオーナーにとって、頼みの綱となるのが純正部品。ところが最近、各バイクメーカーの部品供給の雲行きが怪しいのでは? と感じていた、アドバンテージの中西社長。イグザクトホイール/ブレーキ/サスペンションパーツを開発販売する同社にとっては、純正部品の販売終了は自社製品にとってチャンスになり得るはず。しかし中西社長は、カスタムを楽しむには、大前提として純正補修部品の供給がなければならないと考えた。

そこで開始したのが、純正部品の「廃番プロジェクト」。このプロジェクトでは、アドバンテージがこれまでスペシャルパーツを開発してきたネットワークを活用し、部品製造を行う。需要のある機種の補修用部品を、バイクメーカーに代わり純正品質で販売することで、1台でも多くの絶版車が走り続けられる環境を作るのがプロジェクトの大義である。

ニンジャのリヤサスペンションもカタナのインナーチューブも、スペシャルパーツは存在するが、純正仕様にこだわるユーザーにとっては純正部品が不可欠。そうしたユーザーが増えるほど、アドバンテージの新たな取り組みに対する期待値が高まるのは間違いないだろう。

ニンジャのアキレス腱=エアサスペンションを純正スペックで新開発

カワサキGPZ900Rのショックアブソーバーは、’99年モデルのA12以降、金属スプリング+ガス封入式ダンパーとなるが、それ以前は空気封入式だった。そのため、経年劣化で気密性が低下すると、リヤの車高が下がり乗り心地も悪化する。社外のスペシャルパーツに交換するのが定石だが、アドバンテージでは純正同様の特性でコイルスプリングのショックを開発中。初期のエアー封入式はもちろん、A12以降の純正ショックも販売終了となっているので、純正派にとっては待ち望んだ製品となるはずだ。

ADVANTAGE | GPZ900R用 リアサスペンション

アドバンテージ KYB カワサキGPZ900R用リヤサスペンション】自由長/マウント部のサイズ/スプリング/ダンパー特性を純正部品に合わせて開発中のGPZ900R用ショックアブソーバー。複雑な調整機構はなく、シンプルかつリーズナブルな価格設定を目指している。●試作中
[写真タップで拡大]

ADVANTAGE | GPZ900R用 リアサスペンション
ADVANTAGE | GPZ900R用 リアサスペンション

表面処理や一部素材が見直される可能性はあるが、ネジタイプのプリロードアジャスターと伸び側減衰調整機能が付く。製造は純正部品メーカーが行うので、性能や耐久性も純正部品相当となる。 [写真タップで拡大]

KAWASAKI|GPZ900R

カワサキGPZ900Rのショックアブソーバーは、’99年モデルのA12以降、金属スプリング+ガス封入式ダンパーとなるが、それ以前は空気封入式だった。 [写真タップで拡大]

ノーマルフォルムの維持に欠かせないインナーチューブ

フロントフォークのインナーチューブは、長期間雨ざらしや湿度の高い場所で保管することで、メッキの表面から水分が浸入してサビが発生する。ハードクロームメッキの再メッキも可能だが、サビの進行具合によっては研削量が多くなることもある。GSX1100S用純正インナーチューブは販売終了となっており、今回の廃番プロジェクトで製作されたことで、ノーマル派から大絶賛されている。

ADVANTAGE | GSX1100S用インナーチューブ

【アドバンテージ KYB スズキGSX1100S用インナーチューブ】●税抜価格:2万5000円(1本) [写真タップで拡大]

ADVANTAGE | GSX1100S用インナーチューブ
ADVANTAGE | GSX1100S用インナーチューブ

インナーチューブ内部のダンパーやスライドメタルなど、構造は純正部品と完全に同一。価格もリーズナブルなので、カタナオーナーなら将来のためにストックしておくのも良い。 [写真タップで拡大]

SUZUKI|GSX1100S

星型キャストにこだわるオーナーにとっても嬉しい部品。今回新たに製造されたインナーチューブは、純正部品番号#51110-08C30/#51110-08C20/#51110-08C00/#51110-49300/#51110-49340 に対応する。 [写真タップで拡大]

経年劣化が問題となる純正ダイヤフラムが復活

現在販売されている新車の吸気系はすべてフューエルインジェクションだが、市場には膨大な数のキャブレター車が存在する。負圧キャブレターの場合、ピストンのダイヤフラムゴムの硬化/ひび割れによってレスポンスや作動性に影響が出て、4連キャブの場合は致命傷となることもある。アドバンテージのGSX1100S純正キャブ用ピストンは、最も重要なダイヤフラムを純正と同様のスペックとしながら、リーズナブルな価格を実現!!

ADVANTAGE |GSX1100S用キャブレターダイヤフラム

アドバンテージ ミクニ GSX1100S用キャブレターダイヤフラム】●税抜価格:4万8000円(4個) [写真タップで拡大]

ADVANTAGE |GSX1100S用キャブレターダイヤフラム

GSX1100SY(ファイナルエディション)/GSX1100SR(国内)/GSX1100SSL/GSX1100SL/GSX1100SM/GSX1100SBE/GSX1100SAE/GSX1100SE/GSX1100SD/GSX1100SZ/GSX750SZ(輸出)/GSX750SD(輸出) に対応。 [写真タップで拡大]

まだまだ市場に多いのに、純正部品は販売終了!?

ビッグスクーターブームが到来し’00年前後、スズキから発売されたスカイウェイブ250。初代はOHCエンジン+キャブレターだったが、DOHC+インジェクションとなり’10年代まで続くロングセラーとなった。そんな人気モデルにもかかわらず、年式によって駆動系部品の要であるクラッチシューが販売終了。アドバンテージとスクーターは結びつきにくいが、クラッチ部品として販売を開始した。

ADVANTAGE | SKYWAVE用クラッチシュー

アドバンテージ スズキ スカイウェイブ用クラッチシュー】●税抜価格:1万4900円 [写真タップで拡大]

ADVANTAGE | SKYWAVE用クラッチシュー

スクーターのクラッチは遠心力でシューが開いて断続する。ドラムブレーキと同様に、ライニングが摩耗すれば機能しなくなるため交換が必要。純正部品が販売終了となれば、まさに致命傷となる。 [写真タップで拡大]


※本記事は”モトメカニック”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

モトメカニック

バイクいじりの専門誌『モトメカニック』のお買い求めはこちら↓

最新の記事

ホームトップ3の顔ぶれに変化! 王者・中須賀克行が4番手に【2022全日本ロード第2戦鈴鹿 ART合同走行】
WEBヤングマシン|新車バイクニュース