タイヤ内側は静電気の嵐!? だったの? NGCジャパンから「タイヤバルブ用放電ナット」新登場

かねてからバイクの様々なパーツ間で静電気由来のフリクションが生じていることに気づき、それを除去するアイテムを製作してきたNGCジャパン。今回はタイヤに注目。ホイールバランスに影響を与える重量増加を避けながら、各部に悪影響を及ぼすタイヤからの静電気を除去する「タイヤバルブ用放電ナット」を紹介する。

●文/写真:モトメカニック編集部(栗田晃) ●外部リンク:NGCジャパン

静電気を取り除く小さなパーツで多くの変化が起こる

回転でも摺動でも空気でも液体でも、何かが動くところには必ず発生する静電気。その”気づき”に大きな役割を果たしたのが、特許を取得したNGCジャパンの”スムースドライブシステム”である。

同社の小林史和代表は、スムースドライブシステムの花びらナット開発初期から「タイヤこそ静電気の巣窟である」と見込んでいた。しかしホイールから簡単に外れるようでは製品化はできないし、ホイールバランスに影響を与える重量増加も避けなければならない。

新製品の「タイヤバルブ用放電ナット」はこれらの条件をクリアするため、1.5mm厚のステンレスにタイヤバルブ用の雌ネジを切った丸ナットを製作し、花びらワッシャーを溶接した。その結果、重量は1.6グラムに収まり、タイヤバルブにしっかり固定できる構造となり、再バランス取りも不要となった。

気になる変化は、車両やタイヤ/ホイール、ライダーによって差があるが、接地感がしっかりする/ノイズが減少する/スロットルを閉じた際の空走距離が伸びる/追い越し加速が良くなる/路面の継ぎ目を越えた時の衝撃が柔らかくなる等、多くの変化が報告されている。

タイヤが転がる際に発生する静電気を想像するのは難しいし、簡単に理解はできない。しかし小さな放電ナットひとつで変化が実感できるとしたら、そこに何らかの作用があるのは間違いないだろう。

NGCジャパン | タイヤバルブ用放電ナット

【NGCジャパン タイヤバルブ用放電ナット】バイクや自動車の米式バルブと一般的な自転車の英式バルブは、ネジ径とピッチがよく似ているが別物のため、放電ナットも別製品となる。自転車のロードバイク用の細い仏式バルブ用は、米式/英式よりも明らかに細い。別途、自操式車椅子用も用意されている。[左]仏式バルブ用 [中]英式バルブ用 [右]米式バルブ用 ●定価:1600円(1個 税別) [写真タップで拡大]

NGCジャパン | タイヤバルブ用放電ナット
NGCジャパン | タイヤバルブ用放電ナット

エアバルブのネジ部の長さやキャップの長さによって、放電ナットの固定方法を使い分ける。走行中に放電ナットが回らないよう、バルブのナットかキャップ根元に密着させる。 [写真タップで拡大]

NGCジャパン | タイヤバルブ用放電ナット

人力が動力となる自転車の方が、エンジンに頼るバイクや自動車より変化が分かりやすい。同じ道を同じ空気圧で走ってペダルが軽くなるのはどう考えても不思議な感覚だ。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

モトメカニック

バイクいじりの専門誌『モトメカニック』のお買い求めはこちら↓

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース