MOTO HIMALAYA 2022に参加! 走るほどにヒマラヤの世界観に魅了されていく

【人生において忘れられない旅に。地球って凄い! ヒマラヤって凄い!】バイクでヒマラヤに登る!Vol.3(最終回)「DAY8〜10」

人は朝日と共に目覚め、行動し、日が暮れたら休む。これが本来の生きるリズムなのだと思う。大自然の中にいるとそんな本能が自然と蘇ってくるような気がした。そして、高地は身体にとって過酷なはずなのだが、それにも着実に順応しつつあり、人間の底力みたいなものを感じさせられた。「モト・ヒマラヤ2022」は過酷な旅だが最終日が近づくにつれ、安堵よりも寂しさが勝るようになってきていた。いつか戻ってきたい! そんな気持ちが強まっていく。

●文:ミリオーレ編集部(小川勤) ●写真:河野正士、小川勤 ●外部リンク:ロイヤルエンフィールド東京ショールーム

【いざ、インドへ! 標高5000 mを走破する旅に参加】バイクでヒマラヤを登る!Vol.1「Day1〜4」はこちら

【標高5000mの山々を何度も越え、何本もの川を渡り、宿泊は標高4350m】バイクでヒマラヤに登る!Vol.2「DAY5〜7」はこちら

どのメーカーも持っていないミドルアドベンチャー「ヒマラヤ」の魅力

バイクの高性能化や電子制御化は、僕に様々な楽しさを教えてくれた。確かに技術の進化は次世代にプロダクツの魅力を継承していくためのわかりやすい手段だ。しかし、ロイヤルエンフィールドのヒマラヤが極端にシンプルなことや、そのカタチの理由が今なら全部わかる。そしてそれが必然から生まれていることをこの旅で痛感した。

ヒマラヤの開発テーマのひとつに「排気量の小さなバイクからでも不安なく乗り換えられるアドベンチャー」という項目があったという。素晴らしいコンセプトだと思った。そのテーマとヒマラヤを走るという壮大なテーマのマッチングはとても難しいはずだが、毎日何千台ものヒマラヤとすれ違う現実を知ると、カスタマーのヒマラヤへの信仰心はとても強いことがわかる。

「ロイヤルエンフィールドじゃないとヒマラヤを登れない」「ヒマラヤじゃないとヒマラヤを登れない」。そんな声もたくさん聞いた。まあ、日本メーカーがここを走れるバイクをつくるはずもなく、ここはとんでもない異世界だから仕方がないとはいえ、ロイヤルエンフィールドの強さや逞しさを感じざるを得ない。

|MIGLIORE|ミリオーレ|ロイヤルエンフィールド|ヒマラヤ|モトヒマラヤ2022|

今回試乗したバイクはすべて特別カラー。この旅で感じた様々な景色からインスピレーションされたヒマラヤらしいカラーであることを実感する。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|ロイヤルエンフィールド|ヒマラヤ|モトヒマラヤ2022|
|MIGLIORE|ミリオーレ|ロイヤルエンフィールド|ヒマラヤ|モトヒマラヤ2022|

ヒマラヤのエンジンは411cc。日本では微妙に大型だが、それはヒマラヤを登るために必然から生まれた数値。SOHC2バルブの空冷単気筒というシンプルな構成はいまやとても希少。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|ロイヤルエンフィールド|ヒマラヤ|モトヒマラヤ2022|
|MIGLIORE|ミリオーレ|ロイヤルエンフィールド|ヒマラヤ|モトヒマラヤ2022|

日に日に汚れていくヒマラヤ。視認性の高いメーターに長距離を走ってもお尻が痛くならないシート。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|ロイヤルエンフィールド|ヒマラヤ|モトヒマラヤ2022|
|MIGLIORE|ミリオーレ|ロイヤルエンフィールド|ヒマラヤ|モトヒマラヤ2022|

汚れが勲章のようにも見えてくる。ロイヤルエンフィールド全車に採用されているシアットのタイヤもいい仕事をしてくれる。 [写真タップで拡大]

水没してもヒマラヤは走り続ける

インド8日目、「モト・ヒマラヤ2022」5日目。レーから標高4522mのツォ・モリリ(ツォは湖の意味なのでモリリ湖)を目指す220kmのルート。ここから2日間はインターネットもなくなる。宇宙の近さを感じさせる空は今日もとても青い。

|MIGLIORE|ミリオーレ|ロイヤルエンフィールド|ヒマラヤ|モトヒマラヤ2022|

「地球にセカンドステージはない」そう言って各地でゴミを拾うドクターのワンチュックさん。標高5000mオーバーでもゴミが多く、これは真剣に向き合わないといけない問題だ。 [写真タップで拡大]

様々な路面への対応力も日に日に上がってきている。ちなみに僕はオフロードはほとんど走ったことがなく、この旅で経験を高めているイメージだ。土の上でバイクがどのような挙動を見せるか、座る場所やスタンディングをしながら工夫する。その時のヒマラヤの反応はとても素直で、ずっと乗っていることもあり愛おしくなるほど。

気持ちよく走っていると、前方が慌ただしい。聞くと橋が崩落し、川を渡らないといけないのだが、その川がこの旅いちばんの流れの速さと深さ。前のライダーのライン取りを参考にしようと見ていると、数人目で転倒。バイクは水没、ライダーは頭まで水に浸かってズブ濡れである……。

もう開き直るしかない。川底に巨大な石がゴロゴロとしているらしく、半分は運任せ。僕の番がやってくる。走り出すといきなり深くて失速。半クラッチを使いながら足で川底を蹴りながらアクセルを大きめに開けていく。左右に揺れながらもなんとか渡ることができたが、2度とゴメンだ。

その後も何人かが転倒。でもその度に皆が救出に向かう。「モト・ヒマラヤ2022」の参加者でない人々もその場でいるメンバー全員で協力して渡り切る。バイクが川に入った瞬間から皆からエールが届き、渡り切ったら拍手と歓声が起きる。この雰囲気、とても良い。

そしてこの日の昼食は、この川を渡り切った河原でランチ。靴と靴下を脱ぎ、川を泳いでしまった人はバイクウエアも脱いで各々が岩に座って食事をとる。

落ち着かないのはメカニックのユブラージさん。水没したバイクのメンテナンスに忙しい。エアクリーナーを外して乾かしたり、スロットルボディまわりもチェックしてくれている。本当に感謝しかない。

|MIGLIORE|ミリオーレ|ロイヤルエンフィールド|ヒマラヤ|モトヒマラヤ2022|
|MIGLIORE|ミリオーレ|ロイヤルエンフィールド|ヒマラヤ|モトヒマラヤ2022|

メカニックのユブラージさんは忙しい。落石にヒットして歪んだホイールや、パンクしてしまった場合はホイール&タイヤのアッセンブリーで交換。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|ロイヤルエンフィールド|ヒマラヤ|モトヒマラヤ2022|
|MIGLIORE|ミリオーレ|ロイヤルエンフィールド|ヒマラヤ|モトヒマラヤ2022|

川底の状況によっては転倒してしまうことも。暖かい時期でよかった……。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|ロイヤルエンフィールド|ヒマラヤ|モトヒマラヤ2022|

川渡りは「モト・ヒマラヤ2022」の名物でもある。川で転倒してしまっても皆で救出。このチームワークはとても素晴らしい。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|ロイヤルエンフィールド|ヒマラヤ|モトヒマラヤ2022|

時には道が開けるのをひたすら待つことも。道路の開発は各地で行われているが、それは途方もない作業である。 [写真タップで拡大]

幻想的な世界を見れるが、体調の悪いメンバーも……

目的地のツォ・モリリは標高4522m。そこに近づくに連れ、ダートセクションばかりになっていく。景色の変わらないダートが突然開けると、それが幻想的な世界の入り口だったかのように、生命力に溢れるエメラルドグリーンの湖が広がっていた。

パソコンの壁紙でしか見たことのないような世界。こんな景色が本当にあるんだ、と見惚れる。標高が高いため、草木が少ないのが違和感ではあるが、乾いた山肌と大量の水のコントラストがその景色を神秘的にする。

しかし、標高4500mオーバーの場所にいくつも湖を持つヒマラヤは、想像つかないほどスケールが大きい。

|MIGLIORE|ミリオーレ|ロイヤルエンフィールド|ヒマラヤ|モトヒマラヤ2022|
|MIGLIORE|ミリオーレ|ロイヤルエンフィールド|ヒマラヤ|モトヒマラヤ2022|

もはやダートも難しいセクションでなくなってくる。ダートをひたすら切り開くと、まるで桃源郷のような景色が広がる。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|ロイヤルエンフィールド|ヒマラヤ|モトヒマラヤ2022|

これがその絶景だ。この景色からエネルギーをもらう。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|ロイヤルエンフィールド|ヒマラヤ|モトヒマラヤ2022|
|MIGLIORE|ミリオーレ|ロイヤルエンフィールド|ヒマラヤ|モトヒマラヤ2022|

突然、赤い山や緑の山が現れる。そんな場所は川も赤かったりする。天然染の原料になったりするらしい。大地から力をもらう。「モト・ヒマラヤ2022」は疲労感よりも達成感に満ちた旅だ。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|ロイヤルエンフィールド|ヒマラヤ|モトヒマラヤ2022|

ツォ・モリリの宿泊施設はこんな感じ。僕自身は身体が高地に順応していたが、やはりこの標高になると具合が悪いメンバーが出てくる。血中酸素飽和度が60%台(前半の人もいた)に低下すると激しい頭痛と目眩に襲われるらしく、何人かが酸素を吸入。ドクターは24時間体制で駆け回る。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|ロイヤルエンフィールド|ヒマラヤ|モトヒマラヤ2022|
|MIGLIORE|ミリオーレ|ロイヤルエンフィールド|ヒマラヤ|モトヒマラヤ2022|

テントの中は意外と豪華。お湯は出なくて、バケツで一杯支給される。 [写真タップで拡大]

名残惜しい、最終日の夜

インド9日目、「モト・ヒマラヤ2022」6日目。この日はツォ・カールまで走る120kmの行程だが、そのほとんどが未舗装路。ただ、この頃になると仲間との連携もどんどん深まり、走り方をアドバイスしたり、してもらったりと少しずつだが余裕も出てくる。途中、道なき道をいくシーンも。フラットな砂地に轍があり、難易度高めではあるものの、参加者全員が楽しめている様子だった。

ツォ・カールは塩湖でここも不思議な世界。雪のように真っ白い荘厳な塩の塊が目に入る。この日はお昼過ぎにはこの湖に到着し、リラックスモード。

この日の晩、目が覚めて外に出るとそこには信じられない光景が広がっていた。真っ暗な山肌と星空のコントラストに身震いした。天の川が信じられないほど近くにあり、数十秒に1回、流れ星が見える。地面に仰向けになって無数に光る星たちを独占する。なんて贅沢な時間だろう。

|MIGLIORE|ミリオーレ|ロイヤルエンフィールド|ヒマラヤ|モトヒマラヤ2022|
|MIGLIORE|ミリオーレ|ロイヤルエンフィールド|ヒマラヤ|モトヒマラヤ2022|

ここは道なのだろうか? というところをバンバン走っていく。1人では絶対に来れないルートを用意してくれているのもスペシャル感があって嬉しい。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|ロイヤルエンフィールド|ヒマラヤ|モトヒマラヤ2022|
|MIGLIORE|ミリオーレ|ロイヤルエンフィールド|ヒマラヤ|モトヒマラヤ2022|

最終日の夜は偶然その場にいたロイヤルエンフィールド本社&イギリスR&Dの首脳陣と食事。本当に偶然なのだが、ここでは書けない秘密裏な作業に邁進していた……。首脳陣がこの場所まで来ていることが凄い。日本メーカーでは考えられない。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|ロイヤルエンフィールド|ヒマラヤ|モトヒマラヤ2022|

夕食の後、体調の良いメンバーで焚き火で暖を取りながらビールで乾杯。高地ではあっという間に炭酸が抜けてしまうが、久しぶりのビールはやっぱり美味い。 [写真タップで拡大]

「モト・ヒマラヤ2022」は人生で忘れられない経験

インド10日目、「モト・ヒマラヤ2022」7日目。最終日の朝、犬の鳴き声で起きるのも悪くないな、と思った。ツォ・カールからレーまで戻る160kmのルート。スタート直後に砂地を走るため、マスクをして走るようにとアドバイスをもらった。

この神秘的な場所も今日で最後。

何百年、何千年と積み重ねてできたヒマラヤの風景を目に焼きつける。大自然の中をバイクで走り回ることに罪悪感がないわけではない。アドベンチャーというと荒々しく走る姿を想像するかもしれないが、最終日、僕はこの場所を走らせてもらっていることにひたすら感謝し、その風景になるべく溶け込もうと思って走った。

長い歴史が育んできたこの土地を荒らしてはいけない。少しこの場所を借りて走らせてもらっているという謙虚な気持ちでヒマラヤにただただ感謝した。

「インドは人生観が変わる」日本で多くの人にそう言われた。上手く表現することはできないけれど、僕の人生観も少なからず変わっている気がした。

この自然は地球の宝だ。心からそう思う。

バイクに乗っていて良かった。地球にはあらゆる道がある。青い空に湖、乾いた山肌、満点の星空に流れ星、澄み切った空気、そのすべてにとてつもない生命力が宿っていた。これからもバイクで色々な景色を見に行き、バイクで色々な経験をして、その力に少しでも触れたいと思った。

「やっぱりバイクはいい」。これからも走り続けよう、乗り続けよう。色々なバイクに乗り、その楽しさを1人でも多くの方に伝えていきたい。それを改めて感じさせてくれた「モト・ヒマラヤ2022」だった。

レーに着いて皆と握手してお礼を言う。「冬の景色も最高だよ」ロイヤルエンフィールドのスタッフが笑う。とりあえず苦笑いで応えたが、いつかその景色を見に来ようと自分に誓った。

|MIGLIORE|ミリオーレ|ロイヤルエンフィールド|ヒマラヤ|モトヒマラヤ2022|
|MIGLIORE|ミリオーレ|ロイヤルエンフィールド|ヒマラヤ|モトヒマラヤ2022|

シチュエーションとしては柔らかい砂地がいちばん難しかった。それでもヒマラヤは軽々と自由自在に駆け抜ける。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|ロイヤルエンフィールド|ヒマラヤ|モトヒマラヤ2022|
|MIGLIORE|ミリオーレ|ロイヤルエンフィールド|ヒマラヤ|モトヒマラヤ2022|

久しぶりに会った仲間や、新しくできた仲間。バイクに乗っていなかったら出会っていなかった仲間達だ。右は最後まで一緒に走ったメンバー。右から村田、パルクフェルメの田中さん、クレタの桜井さん、僕、そして現地でのフォローから通訳までしてくれた様々なメーカーでテストライダーを務める岡本さん。スーパー初心者の村田を皆んながケアしてくれた。ありがとうございました。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|ロイヤルエンフィールド|ヒマラヤ|モトヒマラヤ2022|
|MIGLIORE|ミリオーレ|ロイヤルエンフィールド|ヒマラヤ|モトヒマラヤ2022|

レーのホテルで閉会式。「モト・ヒマラヤ2022」を走り切った修了証をもらえる。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|ロイヤルエンフィールド|ヒマラヤ|モトヒマラヤ2022|

コロナ禍により「モト・ヒマラヤ」は3年ぶりに開催された。しかし「楽しいからいつか皆さんも是非」という気持ちにはなれない。スキルが低かったり、周りのフォローがなければ崖から転落してしまうかもしれない。転倒して怪我をすることもあるだろう。走っているクルマやバイクの速度差も日本では考えられないレベルだ。抜きつ抜かれつで、何度も怖い思いをするかもしれない。高山病に立ち向かうのも過酷だ。電波のない場所で道に迷うこともあるだろう。とにかく日本では考えられないことが起きる可能性が高い。「モト・ヒマラヤ」はエンターテイメントではない。それなりの準備と覚悟を持っていく冒険なのだ。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|ロイヤルエンフィールド|ヒマラヤ|モトヒマラヤ2022|

最後に今回の旅に多大なる貢献をしてくれたメンバーに感謝。同じグループで走っていたメンバーと「彼らにお礼をしたいよね」って話になり、岡本さんのアイデアで最終日レーの街に戻ってTシャツショップに行き、特急で各自の名前入りTシャツを作ってもらった。左からドクターのワンチュックさん、日本のロイヤルエンフィールドのディストリビューターであるPCIの鈴木さん、カメラマンの河野さん、先導のアルジェイさん、最後尾で見守ってくれたジティンさん、メカニックのユブラージさん。彼らなしでこの旅は成功しなかった。本当にありがとうございました。 [写真タップで拡大]


※本記事は“ミリオーレ”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース