第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

2021年は3度の3位表彰台を獲得|PIRELLI FAN SITE

“最後に栄冠を手にするために”岡谷雄太、WSS300 4年目の挑戦/2022年シーズンの抱負を語る

2021年の夏、岡谷雄太に話を聞いたとき、強く印象に残った言葉がある。「勝たないと先がない。今年(2021年)はその思いだけで戦っています」。それは、レースの厳しさばかりではなく、岡谷が心に秘める覚悟と追い求めるものへの強い決意を感じさせる言葉だった。


●文/まとめ:伊藤英里 ●写真:ピレリ ●外部リンク:ピレリ

ランキング5位を獲得するも、悔しさの残った2021年シーズン

2022年シーズン、スーパースポーツ世界選手権300(WSS300)フル参戦4年目を迎える岡谷のキャリアの始まりは、父親の影響で7歳ごろから乗り始めたポケバイだった。また、幼い頃からモビリティリゾートもてぎ(当時はツインリンクもてぎ)で全日本ロードレース選手権を観戦するなど、サーキットに親しむ環境にもあった。

プロのレーシングライダーになろう。岡谷がそう思いを定めた最初のきっかけは、MotoGPを見たときだ。「これを目指したい」岡谷はそう思ったという。

「2007年からMotoGPを見始めたのですが、特に(バレンティーノ・)ロッシ選手がけがから復活した2010年シーズンのことは、すごくよく覚えています(※2010年、ロッシはイタリアGPで転倒し右足を骨折する大けがを負い、その後、ドイツGPで復活を果たした)」


※本内容は記事公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース