スーパーバイククラス唯一の日本人|PIRELLI FAN SITE

2年目のWSBK参戦を迎える野左根航汰「第一ステップは表彰台」/2022年シーズンの抱負を語る

2021年シーズンのスーパーバイク世界選手権(WSBK)に参戦した唯一の日本人ライダーが、野左根航汰である。そして2021年は野左根にとって、WSBKフル参戦1年目のシーズンでもあった。

●文/まとめ:伊藤英里 ●写真:ヤマハ発動機

「全日本チャンピオンを獲得して、一番いい形でWSBKに参戦できた」

野左根の出発点は、子ども向けオフロードバイク、ヤマハPW50だった。土日にはいつも家族で河川敷に行き、バイクを楽しんでいたという。ある日、レースに出てみないかと誘われてもてぎ(モビリティリゾートもてぎ)の北ショートコースのレースに出た。

「なめてたわけじゃないけど、そこまで本気のレースだとは思わなかった。オンロードで走るのも初めて。走ったらすごく遅くて、予選でも2回くらい転びました。10人くらいいて、結果は9位くらい……。ほんとに遅かったんです」

しかしその後「子どもながらに悔しくて、もう一回やりたいと言ったんです。次のレースまでにすごく練習しました。ちゃんと優勝できたので、よかったです」と言うから、すでにレーシングライダーとしての片りんを見せていたのだろう。

その後、11歳のときにMotoGPやWSBKで活躍し、ノリックのニックネームで親しまれた故・阿部典史選手が立ち上げた「チームノリック」のライダーとして見出された。野左根は「チームノリックに入ったのが大きな転機だった」と言う。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

ホーム【Q&A】なんでヘッドライトは「2眼」がメジャーなの?
WEBヤングマシン|新車バイクニュース