第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

マシンは主催者が用意

目指せモトGPライダー! FIM「ミニGPジャパン」シリーズが始動、2/16よりエントリー受付開始!!

欧州を中心に盛り上がりを見せ始めているMiniGP(ミニGP)シリーズが、いよいよ日本にも上陸する! マシンはイタリアのオバーレによる「GP-O 160」で、専用のピレリ製10インチスリックタイヤ、モチュールのオイルを使用。安価に基礎を学べて、世界のレースへとつながるこのシリーズ、日本にも根付くか?!


●文/写真: 佐藤寿宏



FIM&ドルナスポーツのフォーマットに則り、年間全5戦10レースを開催

いよいよMiniGPが日本でも始まる。ヨーロッパ、北米、マレーシアなど10カ所で開催され、2022年は日本、オーストラリア、インドネシア、カタール、オーストリアが加わった。

2月10日(木)に日本シリーズを主催する株式会社P-UP Worldが記者会見を行った。携帯電話販売のテルルを始め、Honda Dreamを2店舗、NSR250Rを得意とするMotoUPなどのバイクショップを始め、飲食も手がける会社だ。全日本ロードレース、鈴鹿8耐などレース活動や、世界で活躍するライダーのサポートも行って来た。

株式会社P-UP Worldによる記者会見。 [写真タップで拡大]

マネジメントを行うのは長島哲太だ。 [写真タップで拡大]

FIM MiniGPジャパンシリーズは、FIM(国際モーターサイクリズム連盟)とMotoGPプロモーターのドルナスポーツが設定したフォーマットに則り、全5戦10レースで争われる。マネジメントはHRCのテストライダーも務める長島哲太が行い、世界を戦ってきた経験をアドバイスしながら若いライダーに伝えていきたいと語る。

バイクはイタリアのOHVALE(オバーレ)のGP-O 160に専用に用意されたピレリの10インチスリックタイヤにオイルはMotulを使用する。バイクは主催者が全て管理し、専属のメカニックが3台につき一人付く体制を確保。ヘルメットはアライ、レーシングスーツはRSタイチが指定されておりサポート価格で購入できる。ブーツはアルパインスターズ推奨だ。レーシングスーツは下取りサービスを行う予定で参加者の負担を少しでも減らす方向だと言う。

【OHVALE GP-O 160】155.5ccの単気筒エンジンは4速ミッションを搭載。倒立フロントフォークや前後ディスクブレーキなど、車体まわりは本格派だ。 [写真タップで拡大]

マシンは すでに長島が桶川で走らせており「しっかり止めて、曲げてという基礎を学べるマシンですね。パワーもあるので雑に扱えばハイサイドするので、タイヤのグリップだけでは速く走れないところがライダー育成に向いています」と評価している。

2022年シーズンのカレンダーは、4月16日(土)に筑波コース1000で開幕し、5月15日(日)に第2戦もてぎ北ショートコース、6月19日(日)に第3戦もてぎ北ショートコース、8月21日(日)に第4戦テルル桶川スポーツランド、9月4日(日)に第5戦筑波コース1000という全5戦10レースのスケジュールでシリーズが争われる。いずれもワンデイ開催となっており、フリー走行、予選、決勝2レースが行われる。開催コースでの練習はレースの1カ月前より禁止されるレギュレーションもあり、より本番に、どれだけ力を出せるか試されるところだ。

シリーズランキングの上位3名は、11月にバレンシアで開かれる予定の世界一決定戦とも言えるワールドシリーズに出場でき、ここで優勝するとアジアタレントカップやルーキーズカップなどドルナ管轄のシリーズにステップアップできる。

ランキング上位者はワールドシリーズへの出場権が与えられる。世界に直結したミニバイクレースなのだ。 [写真タップで拡大]

最も気になる応募資格だが、10歳(4月1日時点で満10歳)から14歳(12月末日時点で満14歳)でレース経験者であること。2月16日(水)から下記URLの応募フォームからエントリー受付を開始する。年間エントリー募集は15名。3月11日(金)まで受付予定で先着ではないが、それ以前に選考で募集人数に達した場合、締め切ることもあるので、希望される方はお早めに! 参加費はフル参戦の場合、1戦あたり通常11万円(税込み)のところ6万6,000円(税込み)となっており、33万(税込み)でシリーズを戦えることになる。マシンは全て用意してくれるので、ポケバイからステップアップ、ミニバイクの別シリーズを戦うライダーにも魅力的ではなかろうか。

スポット参戦枠も3台あり、こちらはレーシングスーツのレンタル込みで通常15万円(税込み)のところ8万8,000円(税込み)となっており、これから参戦を考えている人にオススメだ。

日本モーターサイクル協会(MFJ)の承認レースとしても開催されるMiniGP。世界を目指す若いライダーの夢を乗せたシリーズが始まる。まずは2022年シーズンが成功し、5年、10年と続いていって欲しいものだ。


※本内容は記事公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。



最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース