ハイリーデュラブルペイント|モーサイ

自己修復塗装って何だ?クルマだけでなく、バイクにも採用されはじめた「夢の塗装方法」

●レポート:手束 毅 ●写真:日産/カワサキ/カワサキプラザ沼津 ●編集:上野茂岐(モーサイ編集部

バイクではカワサキが「ハイリーデュラブルペイント」という名で採用

カワサキの2019年モデルのニンジャH2カーボンやニンジャH2 SX SEに採用された新技術が大きな注目を集めました。

最高出力200馬力オーバーのスーパーチャージドエンジンでしょうか?

いや、パワーユニットや叩き出す数値ももちろんスゴいんですが、それはデビュー時からのこと。

2019年モデル・ニンジャH2カーボンやニンジャH2 SX SEの驚くべきポイントは、細かい傷であれば自己修復する機能を持った「ハイリーデュラブルペイント」を外装に採用したことです。

ニンジャH2カーボンとニンジャH2 SX SE以外にも、2019年モデルのニンジャZX-10R SE、ヴェルシス1000SEにも採用され、現在も各モデル「ハイリーデュラブルペイント」を継続採用しています。

そんな傷を自己修復する「ハイリーデュラブルペイント」とは一体何なのでしょうか。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報