走り継ぐべき絶版オフロードマシン:’89 スズキTS200R〈Past Time Review〉

スズキTS200R

現行ラインナップとして今はなくても、あの頃の憧れや、もう一度乗ってみたいという思いを叶えてくれる絶版車。数ある絶版車オフロードマシンの中から、スズキの公道向けトレールモデル「TS200R」を紹介する。

●文:ゴーライド編集部(青木タカオ) ●写真:栗田晃 ●外部リンク:レッドバロン

最先端をいく倒立フォークをライバルより先に採用した!!

トヨタと同じように織機メーカーから始まったスズキの歴史。鈴木式織機製作所の設立は1909年(明治42年)と早く、’52年(昭和27年)に排気量36ccの空冷2サイクル単気筒エンジンを補助動力とする原動機付自転車「パワーフリー号」を発売すると、翌’53年に排気量を60ccに拡大した「ダイヤモンドフリー号」では月産6000台に達するほどの人気を博した。第1回富士登山レースに社員が参加し、バイクモーター部門で優勝を飾ったほか、札幌から鹿児島まで約3000kmの「日本縦断テスト」を走破し、実力が広く認められたからだった。

古くからチャレンジスピリットあふれるスズキは、ライバルに先駆けて先進技術を採用してきた。’83年のRG250ガンマで市販車世界初のアルミ角パイプ製ダブルクレードルフレームや、レーサーさながらのハーフカウルにワークスカラーを用いたのは、バイクファンの間ではあまりにも有名。

オフロード界でも、モトクロス世界選手権で活躍するマシンをベースに一般道も走れるようにしたハスラー250を’69年に発売し、レース参戦者向けにシリンダー/キャブレター/マフラー/スプロケットなどの高性能キットパーツを用意。’71年には世界グランプリ優勝マシンRH70の技術を反映した市販モトクロッサー・TM400をリリースするなど、先駆的な動きをしてきた。

スズキ TS200R|諸元|レッドバロン

【’89 SUZUKI TS200R】■全長2170 全幅880 全高1260(各mm) 車重127kg ■水冷2ストローククランクケースリードバルブ単気筒 195cc 35ps/8500rpm 2.9kg-m/8000rpm 始動:キック式 ■タイヤサイズF=3.00-21 4PR R=4.60-18 4PR ●発売当時価格:38万8000円 [写真タップで拡大]

スズキ TS200R

滑らかな曲線で構成されたフラッシュサーフェスデザインはRMシリーズから踏襲したもので、いまなおアグレッシブかつ戦闘的。スレンダーで無駄のない車体が美しい。 [写真タップで拡大]

今回紹介する「TS200R」も、エポックメイキングなモデルのひとつ。公道向けトレールとして、国内初の倒立式フロントフォークを採用し、オフロードファンを驚愕させた。当時、メンテナンス性や過度な剛性などが懸念され、ナンバー付きトレールモデルのフロントサスペンションには正立式フォークが好ましいという考えがあった中、より走破性にすぐれる倒立式フォークを惜しみなく投入。スーパークロスや全日本選手権で活躍するモトクロッサーRMシリーズの流れをくむ新設計の2サイクル水冷単気筒エンジンには、独自の排気デバイスAETCを装備するなど、スズキらしい“攻め”の姿勢が見て取れるニューモデルであった。

倒立フォークの採用などコスト高になるにも関わらず、車体価格は40万円を切る38万8000円で、これは4カ月前に登場した強敵・カワサキKDX200SRより1000円ほど低価格。スズキの意地を感じずにはいられない。

エンデューロレースに沸いた時代。最高出力35馬力と、十分なパワーを発揮するエンジンは排気量195ccで、ブン回せることを強みにしている。ヤマハDT200RやカワサキKDX200SRがそうだったように、パワーを持て余す250勢を相手に“200派”として高い戦闘力を発揮した。

その無駄のない攻撃的なスタイルや細身のシルエットは、いま見てもメカメカしくあり機能美に満ち溢れている。

スズキ TS200R|エンジン

デジタルCDI(Capacitor Discharge Ignition)点火方式を採用した、水冷2サイクル・クランクケースリードバルブ単気筒エンジン。排気系に独自のAETCを装備したことで、トップエンドの伸びだけでなく、扱いやすさも兼ね備えた。このパワーユニットは、’92年にRG200ガンマの心臓部にも採用された。 [写真タップで拡大]

スズキ TS200R|サスペンション

[左]同時期のライバル勢が正立フォークだった中、倒立式のフロントフォークをいち早く採用。オフロードではインナーチューブやオイルシールへのダメージが懸念された時代で、競技車だけが装備していた。[右]快適な乗り心地と操縦安定性を両立するフルフローターサスペンション。バネ下重量を軽減する角形アルミ製スイングアームとの組み合わせだ。 [写真タップで拡大]


※本記事は“ゴーライド”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース