対応機種は500車以上!! 絶版車・旧車の救世主「キャブレター燃調キット」

  • 2022/04/18
  • 【BRAND POST】キースター

フューエルインジェクションが登場以前、キャブレターはガソリンエンジンの混合気を作る要となる部品でした。長年に渡りキャブレターのパーツを開発、製造してきたキースターでは、そのノウハウを活用してさまざまな製品を生み出してきました。ここでは市販車に標準装備された純正キャブレターのセッティングが可能になる、同社を代表する「キャブレター燃調キット」を紹介しましょう。

●BRAND POST提供:KEYSTER(岸田精密工業株式会社)

純正キャブレターのセッティング変更が可能となるだけでなく、メンテナンスやオーバーホールに必要なパーツも手に入る燃調キット

キースターの製品ラインアップ中で主力アイテムとなるのが「燃調キット」です。エンジンが吸い込む空気に応じて適切な混合気を作るキャブレターの内部には、パイロットジェット、メインジェット、ジェットニードルといった部品が組み込まれています。これらはスロットル開度に応じて変化する吸入空気量に合わせて適切なガソリンを計量しています。

バイクメーカーが新車を製造する際は新品のエンジンと新品のキャブレター、新品のマフラーを組み合わせて開発を行い、その組み合わせで最善のエンジンパフォーマンスが得られるようにジェットやニードルを設定しています。

しかし走行距離が増えて経年変化が加わることで、エンジンのコンディションが変化していきます。またカスタムの一貫としてマフラーを交換することもあるでしょう。エンジンが吸い込める空気量や排気効率が新車状態から変わると、キャブレターの中でも変化が生じます。

例えば吸排気効率がノーマルより良くなり、純正状態より多くの空気がキャブレターを通過できるようになった場合、その空気に見合ったガソリンを供給しなくては混合気のバランスが崩れます。逆に経年劣化によってエンジン自体のコンプレッションが低下して吸い込める空気量が減った場合、それに応じてガソリン量を変化させることが必要です。

純正キャブレターにはある程度の変化に対応できる許容範囲がありますが、そのレベルを超えてしまうと混合気が濃すぎる、あるいは薄すぎるといった不具合が生じます。

バイクメーカーの純正キャブレターはあくまで新車かつノーマル状態で開発を行っており、後からユーザーがセッティングすることまでは考慮していません。したがってほとんどの機種ではジェットやジェットニードルのサイズは単一で変更できません。唯一ジェットニードルは純正部品でクリップ段数の変更ができる場合もありますが、それにしても変化の幅は限定的です。

キースター|キャブレターパーツ

パイロットジェット、ジェットニードル、ニードルジェット、メインジェットといったセッティング変更に必要なパーツだけでなく、フロートチャンバーやジョイントパイプ用のOリングなどオーバーホール作業時に必要なパーツまでセットされたキャブレター燃調キット。製品は機種ごとに設定され、同じ機種でも年式によって仕様が異なる場合は設定が複数になることもある。また燃調キットはキャブレター1個のセッティングに必要なパーツで構成されているので、単気筒の場合は1セット、2気筒なら2セット、4気筒なら4セット購入する。 [写真タップで拡大]

純正パーツのサイズを基準にキースター独自にセット内容を決定


燃調キットが画期的なのは、これまで変更不可能とされてきた純正キャブレターのセッティングを可能としたことです。キャブレター内でガソリンを計量するのがパイロットジェット、メインジェット、ジェットニードルの3つの部品であることは先述の通りですが、キースターではこれらのパーツを独自に製造しています。燃調キットは原付クラスからオーバー750ccのビッグバイクまで、バイクごとのキャブレターの純正データをベースに、3サイズのパイロットジェット、6サイズのメインジェット、4サイズのジェットニードルを基本に構成しています。バイクメーカーの純正パーツにはないジェット類を独自のノウハウで製造することで、混合気の濃さを自在に調整できるのが大きな特徴です。

当初、100機種分ほどでスタートした燃調キットは、現在では500機種を超えるまでラインナップが拡張しています。それらの中には「自分が乗っているこのバイクのキットを作って欲しい」というリクエストに応じて製品化されたキットも少なくありません。過去をさかのぼればキャブレター装着車は膨大で、すでに純正部品が販売終了となっている場合もあります。キースターでは独自に部品を製造できる設備があるので、現物のキャブレターを元にインナーパーツを新たに作り出せる場合もあります。また膨大な製品群の中から機種を跨いで流用できる部品を探し出せる場合もあります。

キースター|メインジェット

スロットル全開領域のガソリンの流量を決めるメインジェットは、純正サイズを基準に穴径が大きいジェット2個、小さいジェット3個の合計6個セットされる。メインジェットの内径は、ジェットニードルとの組み合わせによって混合気の濃さが分かりやすく変化するよう、キースター独自のサイズで設定されている。 [写真タップで拡大]

キースター|ジェットニードル

ジェットニードルはストレート径の太さと先端に向かうテーパー角度でセッティングが変化する。ストレート径が太いとニードルジェットとの隙間が小さくなるため、スロットル開度1/4付近を中心に混合気が薄くなり、細くすれば隙間が大きくなり混合気が濃くなる。テーパー角度が大きいジェットニードルを選択するとスロットル開度1/2付近を中心に混合気が濃くなり、テーパー角が小さいと薄くなる。燃調キットでは純正キャブレターのニードルのセッティングを基本に、独自にサイズを設定している。 [写真タップで拡大]

キースター|パイロットスクリュー

アイドリング付近のセッティングに重要なパイロットスクリューは、軽く締めた状態から基準の戻し回転数が決まっている。作業ミスで強く締め付けて先端の細い針部分に傷が付くと、混合気の流量が変化してセッティングが合わなくなることがある。燃調キットにはパイロットスクリュー、またはエアースクリューが入っているので、メンテナンスや補修の際にも重宝する。 [写真タップで拡大]

経年劣化がガソリン漏れの原因となるフューエルジョイントOリングも付属

純正キャブレターでセッティング変更が可能になるのが燃調キットですが、オーバーホールやメンテナンスに使えるパーツが含まれているのも特徴です。セッティングでジェットを交換する際にはフロートチャンバーを着脱します。この時、年式が古いバイクではフロートチャンバーガスケットが硬化してシール性を保てない例は少なくありません。また4気筒用キャブレターでは隣り合うボディでガソリンを行き来させるフューエルジョイント部のOリングが劣化していることもあります。

純正キャブレターをオーバーホールする際には、小さなゴムパーツまで余さず注文しなければならず、そのためにはパーツリストが必須となり、それでも注文漏れで作業が止まってしまうこともあります。

燃調キットにはゴム部品をはじめパイロットスクリューやニードルバルブ、フロートチャンバーのドレンスクリューやスタータープランジャーなど、キャブレターを分解した際に交換しておきたいあらゆる部品が含まれています(パーツ構成は機種によって異なります)。そのため細々としたパーツのリストアップは必要なく、機種を指定するだけで必要な部品が一度ですべて揃います。

キースター|キャブレター|オーバーホール

4連キャブレターはフューエルジョイントで隣り合うキャブボディ同士を連結して、フロートチャンバーにガソリンを供給している。経年劣化や長期間不動状態が続いてジョイントに組み込まれたゴム製のOリングが硬化、ひび割れすると、ジョイントの根元からガソリンが漏れ出すことがある。久しぶりにバイクに乗ろうとガソリンを入れた途端にキャブレターの下からポタポタ漏れ始めると慌ててしまう。 [写真タップで拡大]

キースター|Oリング

燃調キットは機種別に設定しているから、ジョイントのOリングサイズも純正サイズが入っている。長期不動車のキャブレターをメンテナンスするさいは、汚れたジェットやフロート室を洗浄するだけでなく、ゴム製のOリング類も予防的に交換しておくことが重要。燃調キットは気配りが行き届いている。 [写真タップで拡大]

気密性が低下したスタータープランジャーも新品に交換できる

キースター|バイスターター

始動装置には空気の通路を塞ぐチョークと、濃い混合気を送るバイスターターの2タイプがある。このうちバイスターターは、チョークレバーを引くことでスタータープランジャーが開き、始動系統のガソリンがエンジンに流れる仕組みになっている。 [写真タップで拡大]

キースター|バイスターター

走行時にチョークレバーを戻すとスタータープランジャーが閉じて、プランジャー先端のゴムがガソリン通路を塞ぐことでシャットアウトされる。だがゴムの経年変化により柔軟性が失われてシール性が低下すると、左のように当たりグセがついた部分からガソリンが漏れ続けて混合気が濃くなる場合がある。燃調キットの新品プランジャー(右)に交換することで走行時にスターター経路のガソリン漏れを防止できる。 [写真タップで拡大]

純正パーツに設定のない部品まで独自に製作することもある

キースター|キャブレターパッキン

キャブレターの種類によっては、バイクメーカーによって非分解指定され、純正補修部品が設定されていないパーツもある。画像のパッキンは組み立て式キャブレターボディの合わせ面のシール用で、純正部品の設定がない。汚れや詰まりが著しい場合は洗浄用ケミカルに漬け込んだり非分解部分も分解して洗浄が必要なこともある。キースターではそうした機種のキャブレターの中で、特に重要で必要性の高いものについては、独自に設計して付属することもある。これはアフターマーケットメーカーにしかできないことだ。 [写真タップで拡大]


それだけのパーツをセットした上で、多くの燃調キットの価格はキャブレター1個あたり税込4400円です(機種によって入組内容、価格が異なる場合もあります)。単気筒なら1セット、4気筒なら4セットが必要ですが、純正キャブレターでセッティングが可能になりメンテナンスやオーバーホールに必要なパーツ類が含まれていることを考慮すれば、充分にリーズナブルであることがご理解いただけると思います。

※本記事はKEYSTER(岸田精密工業株式会社)が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

WEBヤングマシン|新車バイクニュース