ホンダの125ccシリーズ5台比較! シート/燃料タンク容量編〈スーパーカブC125/ハンターカブ/ダックス/モンキー/グロム〉

原付二種クラスに多機種攻勢を仕掛けるホンダ。車種間でパーツを流用してはいるものの、それを感じさせないほど作り分けは見事だ。どこがどう違うのかしっかりチェックしよう! 本記事では、5台の車体とシートについて違いを比較する。


●文:ヤングマシン編集部(大屋雄一) ●写真:真弓悟史 ●外部リンク:ホンダ

ホンダ ダックス125 シート/燃料タンク容量編

プレス成型した鋼板を溶接でつなぎ合わせたT字型バックボーンフレームを採用。メッキパーツを多用することで質感を高めている。ヘッドライト/ウインカー/テール&ブレーキランプはモンキーと同一だ。

’22 HONDA DAX 125

【’22 HONDA DAX 125】■空冷4スト単気筒SOHC2バルブ 123cc 9.4ps/7000rpm 1.1kg-m/5000rpm ■107kg シート高775mm 3.8L ■タイヤサイズF=120/70-12 R=130/70-12 ●色:パールネビュラレッド パールカデットグレー ●価格:44万円 [写真タップで拡大]

’22 HONDA DAX 125|シート
’22 HONDA DAX 125|ステップ

座面は実測で63cmと前後に長く、クッションも厚め。タンデムステップはアップマフラーの張り出しの分だけ外側にある。握りやすいグラブバーと合わせてパッセンジャーの快適性も追求。 [写真タップで拡大]

’22 HONDA DAX 125|燃料タンク

燃料タンクはフレームの低い位置に内蔵されている。容量はC125に次いで少ない3.8Lで、残り0.6Lで燃料計が点滅。 [写真タップで拡大]

ホンダ CT125 ハンターカブ シート/燃料タンク容量編

フレームはC125をベースにシートレールの延長や剛性の最適化を実施し、エンジンガードを追加。ホイールはこの中で唯一の36本ワイヤースポークだ。灯火類はヘッドライトからナンバー灯までLEDを採用する。

’23 HONDA CT125 HUNTER CUB

【’23 HONDA CT125 HUNTER CUB】■空冷4スト単気筒SOHC2バルブ 123cc 9.1ps/6250rpm 1.1kg-m/4750rpm ■車重118kg シート高800mm 5.3L ■タイヤサイズF=80/90-17 R=80/90-17 ●色:マットアーマードシルバーメタリック パールオーガニックグリーン グローイングレッド ●価格:44万円 [写真タップで拡大]

’23 HONDA CT125 HUNTER CUB|シート
’23 HONDA CT125 HUNTER CUB|ステップまわり

シート高800mmは5車の中で最も高いが、形状を工夫して乗り心地と足着き性を両立。タンデムステップはスイングアームマウントで、右側はマフラーとの干渉を避けるために長めとされる。 [写真タップで拡大]

’23 HONDA CT125 HUNTER CUB|燃料タンクまわり

フレームのセンターカバーを外すとバッテリーにアクセス可。燃料タンクはシート下で、残り1.1Lで燃料計が点滅。 [写真タップで拡大]

ホンダ モンキー125 シート/燃料タンク容量編

グロムのスチール製モノバックボーンフレームをツインショック化し、専用設計のシートレールとスイングアームを組み合わせる。1145mmというホイールベースは5車の中で最も短い。灯火類はオールLEDだ。

’21 HONDA MONKEY 125

【’21 HONDA MONKEY 125】■空冷4スト単気筒SOHC2バルブ 124cc 9.4ps/6750rpm 1.1kg-m/5500rpm ■車重104kg シート高776mm 5.6L ■タイヤサイズF=120/80-12 R=130/80-12 ●色:パールネビュラレッド パールグリッターリングブルー パールシャイニングブラック ●価格:44万円 [写真タップで拡大]

’21 HONDA MONKEY 125|シート

乗車定員が1名なのはこの中でモンキーのみ。ゆえにタンデムステップは存在せず、シートも一人乗り専用となる。なお、純正アクセサリーのリヤキャリアを使えば荷物の積載も可能に。 [写真タップで拡大]

’21 HONDA MONKEY 125|燃料タンク

燃料タンク容量はグロムに次いで多い5.6Lで、残り1.8Lになると燃料計が点滅。給油口はエアプレーンタイプだ。 [写真タップで拡大]

ホンダ スーパーカブC125 シート/燃料タンク容量編

レッグシールドからリヤフェンダーへとつながるエレガントなS字ラインが特徴的なC125。この中で唯一スマートキーを採用している。灯火類は初代C100をオマージュしたデザインとなっており、すべてLEDだ。

’21 HONDA SUPER CUB C125

【’21 HONDA SUPER CUB C125】■空冷4スト単気筒SOHC2バルブ 124cc 9.7ps/7500rpm 1.0kg-m/5000rpm ■車重125kg シート高780mm 3.7L ■タイヤサイズF=70/90-17 R=80/90-17 ●色:パールネビュラレッド パールニルタブルー ●価格:44万円 [写真タップで拡大]

’21 HONDA SUPER CUB C125|シート
’21 HONDA SUPER CUB C125|ステップまわり

厚みのあるクッションで座り心地を高めつつ、前方を絞り込むことで足着き性にも配慮。タンデムステップはスイングアームマウントで、純正アクセサリーでピリオンシートを用意。 [写真タップで拡大]

’21 HONDA SUPER CUB C125|燃料タンクまわり

走行風や泥跳ねを軽減する伝統のレッグシールド。燃料タンク容量は3.7Lと最も少なく、残り約1.0Lで燃料計が点滅する。 [写真タップで拡大]

ホンダ グロム シート/燃料タンク容量編

フレームは現行の3代目でシートレールがボルトオンタイプに。ヘッドライトおよびテール&ブレーキランプはLEDで、前後ウィンカー(前はポジションランプも兼ねる)とナンバー灯はフィラメント球だ。

’21 HONDA GROM

【’21 HONDA GROM】■空冷4スト単気筒SOHC2バルブ 123cc 10ps/7250rm 1.1kg-m/5500rpm ■車重102kg シート高761mm 6L ■タイヤサイズF=120/70-12 R=130/70-12 ●色:フォースシルバーメタリック マットガンパウダーブラックメタリック ●価格:38万5000円 [写真タップで拡大]

’21 HONDA GROM|シート
’21 HONDA GROM|ステップまわり

パッセンジャーの着座位置まで座面がフラットなので、ポジションの自由度が高い。タンデムステップはフレームマウントで、シートにはベルトも備えており、二人乗り向きと言える。 [写真タップで拡大]

’21 HONDA GROM|燃料タンク

着脱が容易な樹脂カバーに覆われた燃料タンク。容量はこの中で最も多い6.0Lで、残り0.98Lで燃料計が点滅する。 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、文責は提供元に属します。※掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。※掲載されている製品等について、当サイトがその品質等を十全に保証するものではありません。よって、その購入/利用にあたっては自己責任にてお願いします。※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース