サクッと読めてためになる

Q86:冬などバイクの長期保管、タンクは空? 満タン??【30秒でわかる! バイクの疑問】

Q86:冬などバイクの長期保管、タンクは空? 満タン??【30秒でわかる! バイクの疑問】

ライダー予備軍や免許取り立てなら、知らないことばかりなのは当たり前。だけどキャリアの長いライダーだって「知っているようで解らない」があったりする。理解しなくてもバイクは乗れるけれど、知っていればトクするコトや、バイクライフが深まるヒントもたくさん。コッソリ知って、貴方も今日からベテランだ。86問目はバイクの長期保管時のギモン。これをしないと錆が…!


●文:ヤングマシン編集部

A86:とくに冬場は満タンがオススメ!

燃料タンクの中の空気が冷えると「結露」して、タンクの内側に細かな水滴が付着する。

とくに冬場など乗らずにいると、日々結露を繰り返して水が溜まり、エンジンの不調やタンク内がサビる原因になるのだ。

ガソリンを満タンにしておけば、タンク内の空気が減るので結露を抑制できるぞ。

結露が起こる仕組み

結露とは冬場の窓ガラスと同じで、温度差によって空気中の水分が水滴化すること。冬場は寒さに加えてエンジンの熱もあるため、ガソリンタンク内やエンジン内には結露が起きやすい。この水分がタンク底に溜まるので、サビやエンジンの吸い込み不調の原因となることも。 [写真タップで拡大]

「満タン」にしすぎるのも…

【パンパン!】燃料タンク内の空気を減らすのが良いとはいえ、入れ過ぎに注意。気温が上がるとガソリンが膨張して、ブリーザーから漏れ出る危険がある。 [写真タップで拡大]


※各設問の回答は編集部独自の見解であり、諸説あります。
※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、文責は提供元に属します。※掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。※掲載されている製品等について、当サイトがその品質等を十全に保証するものではありません。よって、その購入/利用にあたっては自己責任にてお願いします。※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース