第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

サクッと読めてためになる

Q66:工具/ボルト/ナットの「mm」ってどこのサイズ?【30秒でわかる! バイクの疑問】

Q66:工具/ボルト/ナットの「mm」ってどこのサイズ?【30秒でわかる! バイクの疑問】

ライダー予備軍や免許取り立てなら、知らないことばかりなのは当たり前。だけどキャリアの長いライダーだって「知っているようで解らない」があったりする。理解しなくてもバイクは乗れるけれど、知っていればトクするコトや、バイクライフが深まるヒントもたくさん。コッソリ知って、貴方も今日からベテランだ。66問目は「どれを買えばいいのか分からない」?! 工具やナットのサイズに関するギモン。


●文:ヤングマシン編集部

A66:実際に作動させる部分の太さ

ボルトやナットにはさまざまなカタチがあるが、6角タイプのサイズ表記は非常にシンプル。工具を使用してそのボルトやナットを締めたり緩めたりするときに、工具が接触する部分の対向する面同士の幅を表わしている。

近年のバイクは、ほぼmm単位規格のボルトやナットが使われている(ハーレーだとインチの場合も)。ボルトの場合、根元側にはネジ山が切ってあるが、こちらのサイズはネジ山がある軸の径、長さ、ネジ山の間隔(ピッチ)がmm単位で表記されていることが多い。

DIYに慣れれば、愛車に多く使われているサイズがどのサイズなのか、次第に覚えるはず。

レンチサイズ

[写真タップで拡大]

ナットサイズ
ネジサイズ

レンチの場合はボルトやナットと接触する面の幅、ボルトやナットの場合は工具が接触する面の幅となる。ネジは「M6×10」などと表記され、この場合はネジ山のある軸の径が6mmで長さが10mmであることを示している。ネジ山の間隔にも違いがあるので、バラで購入する際には注意しよう。 [写真タップで拡大]


※各設問の回答は編集部独自の見解であり、諸説あります。
※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース