第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

サクッと読めてためになる

Q63:レギュラーとハイオク、間違えて入れたら?! そのまま走って大丈夫?【30秒でわかる! バイクの疑問】

Q63:レギュラーとハイオク、間違えて入れたら?! そのまま走って大丈夫?【30秒でわかる! バイクの疑問】

ライダー予備軍や免許取り立てなら、知らないことばかりなのは当たり前。だけどキャリアの長いライダーだって「知っているようで解らない」があったりする。理解しなくてもバイクは乗れるけれど、知っていればトクするコトや、バイクライフが深まるヒントもたくさん。コッソリ知って、貴方も今日からベテランだ。63問目は「あ!間違えた(汗)」!! レギュラーとハイオクに関するギモン。


●文:ヤングマシン編集部

A63:オクタン価の違いがポイント!

ガソリンのオクタン価というのは、簡単に言うなら燃えづらさを示す指標。

ガソリンがあまりに燃えやすいと異常燃焼(ノッキング)が発生し、パワーがでないばかりかエンジンに大きなダメージを与える。オクタン価が高いとこのノッキングが起きづらく、この燃料を前提とすれば圧縮比を上げるなどの高性能化が狙える。

日本と欧州のオクタン価に関する規定の違いから、近年は日本で販売されるバイクにもハイオク仕様が増えた。

もしそこに間違ってレギュラーを入れても、エンジン制御プログラムによる保護ですぐに壊れるとは考えづらいが、とはいえパワーや燃費が落ちる。

ハイオク指定に間違ってレギュラーを入れたら、全開を避けて走り、少しずつでもハイオクを入れて燃料タンク内のオクタン価を上げるべし。逆(レギュラー車にハイオク給油)はまったく問題ない。

しかし、まずないと思うのだが軽油はNG。ガソリンと互換性はないので、間違えて入れることがあればエンジンを動かさずに燃料を抜いてもらうか、レッカーを呼ぼう。

コーションラベル

【ガソリンタンクのコーションラベル】 [写真タップで拡大]

取扱説明書

【取扱説明書】取扱説明書には燃料の記載があり、少なくともメジャーブランドが近年生産したバイクの燃料タンクには、(中古車で剥がされていなければ)コーションラベルが貼られている。この内容をきちんと読み、適した燃料を入れるようにしたい。 [写真タップで拡大]


※各設問の回答は編集部独自の見解であり、諸説あります。
※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース