第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

プジョーモトシクルの販売網を使用

英国BSA「ゴールドスター」がグローバル展開へ?! 日本への導入も可能性アリ?

英国のBSAモーターサイクルズは、同じマヒンドラ(インド)傘下であるプジョーモトシクルのディーラー網を活用し、伝統をリスペクトした新生「ゴールドスター」を欧州へと展開すると発表した。


●文:ヤングマシン編集部(ヨ) ●外部リンク:BSA Motorcycles

その先にはグローバル展開を見据えている?

BSAモーターサイクルズは、1919年に創業し1972年に姿を消したBSA(Birmingham Small Arms)のブランドが現代によみがえったもの。BSAブランドを買い取ったのはインドのマヒンドラ社で、同社は2019年にフランスのプジョーからモーターサイクル部門を取得したことでも知られている。

そんな新生BSAモーターサイクルズは、単気筒エンジンを搭載する往年のビッグネーム「ゴールドスター」を復活させ、2022年夏には6800ポンド~(日本円換算約112万6000円・11/14現在)という価格も発表した。

このたびBSAモーターサイクルズが発表したのは、同じくマヒンドラ傘下にあるプジョーモトシクルのディーラー網を活用し、欧州へのデリバリーを開始するということ。プジョーモトシクルは1898年に設立され、120年を超える歴史から欧州全土に強力な販売ネットワークを確立している。これを活用することは、歴史あるBSAブランドにとっても自然なことだったはずだ。欧州ディーラー網の詳細については2023年初頭に発表される予定だという。

さて、気になるのは、いずれ日本でも買えるようになるのだろうか、ということ。今回の発表は欧州のネットワークに関するものだったが、販売が軌道に乗ればグローバル展開へと進んでいくのが定石に思える。

そこで、日本におけるプジョーモトシクルの輸入販売元であるaidea株式会社に直球で聞いてみた。「日本に輸入する可能性はありますか?」と。

回答は以下の通り。

「先日のBSAに関する発表は、私たちにとっても素晴らしいニュースでした。日本においても、同様の取り組みが実現できるかどうか、関係各所と検討中です。プジョーモトシクルも2023年に創業125周年を迎えるにあたり、大幅にラインナップを強化して新時代へと走り出します。この記念すべき年に、良いニュースがお届けできることを楽しみにしています」

かなり前向きに感じられるのは気のせいではないだろう。ただし、折からの円安が障壁になることは想像に難くない……。状況が整い、日本で販売できるようになることを期待したい。待て、続報!

BSA GOLD STAR

主要諸元■軸距1425mm シート高780mm 車重213kg(装備)■水冷4ストローク単気筒DOHC4バルブ 652cc 45ps/6500rpm 5.61kg-m/4000rpm 変速機5段 燃料タンク容量12L(WMTCモード燃費24.99km/L)■タイヤサイズF=100/90-18 R=150/70R17 ●価格:6800ポンド/レガシーエディション=7000ポンド ※諸元と価格は英国仕様

BSA|ゴールドスター

BSA GOLD STAR ※写真はレガシーエディション [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース