BSA GOLD STAR×RIDE HI

英国BSAが復活、 原点のビッグシングルGOLD STARからデリバリー開始!【海外】

●記事提供: ライドハイ編集部

生粋のBSAファンの需要が見込めるツインに見向きもせず、源流GOLD STARへのこだわりが……

1972年のBSA終焉からまさに50年後、昨年12月のバーミンガムショーで復活した新しいBSAの単気筒ゴールドスターが発表された。そして6月23日のGoodwood Festivalでのお披露目で、デモ走行を依頼されたA.カスカートから試乗リポートが寄稿されたのでお届けする。

まずこのBSA復活の経緯から説明しよう。2016年、インド最大の産業コングロマリットのひとつ、マヒンドラグループがBSAブランドを取得、Classic Legends Ltd.を興しRoyal Enfield元幹部のAshish Joshi氏が率いるプロジェクトがスタートした。

エンジンはオーストリアのロータックスが、BMWのF650やKTMのDUKEなどと同じくベース部分を開発、英国でバーチカル(直立)単気筒のビンテージ構成へと進化させ、同じく英国でのデザインとリカルドモーターサイクル設計のダブルクレードルフレームへ搭載と英国テクノロジーで着実に積み上げてきたという。

しかし大型スポーツバイクでは、Royal Enfieldのように650ccクラスなら2気筒のほうが需要も多いはず。なぜ敢えてビッグシングルなのかとの問いに「BSAの源流は500ccゴールドスター、ビジネスの成功は後からでも狙えるので、まずは象徴であるゴールドスターの再現を通して多くを学びたかった」と、Joshi氏からいかにもエンスージャストらしい答えが返ってきた。英国製スポーツバイクを最も理解しているのはインドのメーカーとマーケットだと付け加えるほど、そこにはこだわりを感じさせる。


※本記事は“ライドハイ”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース