第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

[’84-]カワサキ 750ターボ:リッターキラーの最速ターボ車【青春名車オールスターズ】

’80年のドイツ ケルンショーにおけるホンダ CX500の発表を皮切りに、日本にもターボエンジンの時代が訪れた。各社競うようにターボ車の開発に挑み、それぞれの方式でリッターマシンのパワーに迫ろうとした。カワサキが目指したのは「世界最強最速のターボモデル」だ。※本記事はヤングマシン特別号 青春単車大図鑑からの転載です。


●文:ヤングマシン編集部



装備は最先端を走っていた【’84 カワサキ 750 TURBO】

最後発となるものの「世界最強最速のターボモデル」をコンセプトに開発されたマシンで、当時のカワサキのフラッグシップであるGPz1100に匹敵する112psものパワーを発揮した。タービンは日立製で、最高速度はナナハンクラスながら235km/hを記録したという。軽量さもウリで、ゼロヨン加速でもライバルを圧倒した。ただし、ターボ特性が強いこともあり、乗り手を選ぶワイルドなマシンでもあった。

カワサキ 750 TURBO

【’84 KAWASAKI 750 TURBO】■空冷4スト並列4気筒 DOHC2バルブ 738cc 112ps/9000rpm 10.1kg-m/6500rpm ■233kg ■タイヤF=110/90-18 R=130/80-18 ※輸出モデル [写真タップで拡大]

カワサキ 750 TURBO

空冷DOHC2バルブのGPz750系エンジンにターボを搭載。極力ターボラグを減らすという目的で、排気口近くにターボを配置。吸気方式はインジェクション方式を採用。 [写真タップで拡大]

カワサキ 750 TURBO

メーターはGPzシリーズと共通の異径2連メーター。タコメーターにはボタンを押すと作動する電圧計が組み込まれていた。各表示パネルが多く、人気のGPZ900Rニンジャシリーズよりも、スパルタンなコックピットとなっている。 [写真タップで拡大]

カワサキ 750 TURBO

馬力を追求した故か、非常にピーキーな出力特性が印象的。一説にはレース対応も考慮して作られていたとの話もある。写真でもキッチリ攻めきっているようだ。 [写真タップで拡大]

カワサキ 750 TURBO

【’81 KAWASAKI 750 TURBO PROTO TYPE】’81年のモーターショーに登場したプロトモデルは、リベットを意匠とした航空機を連想させるカワサキらしいデザインだった。 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。



最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース