第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

サクッと読めてためになる

Q19:ダイヤモンド? クレードル?? フレームの種類と違いを教えて【30秒でわかる! バイクの疑問】

Q19:ダイヤモンド? クレードル?? フレームの種類と違いを教えて【30秒でわかる! バイクの疑問】

ライダー予備軍や免許取り立てなら、知らないことばかりなのは当たり前。だけどキャリアの長いライダーだって「知っているようで解らない」があったりする。理解しなくてもバイクは乗れるけれど、知っていればトクするコトや、バイクライフが深まるヒントもたくさん。コッソリ知って、貴方も今日からベテランだ。19問目は色々耳にするフレームの名称に関するギモン。


●文:ヤングマシン編集部



A19:主にはエンジンを強度部材に用いるかどうか

色々種類があるが大別すると、1:ダイヤモンドフレームか、2:それ以外ということになる。1:ダイヤモンドフレームは金属の塊であるエンジンをフレーム構造の一部として利用。この構造を採用するフレームならモノコックもトラスもツインスパーも全てダイヤモンドフレームに属する。

一方の2:ダイヤモンドフレーム以外は旧式のエンジン搭載方法で、自転車に原動機をくっつけたF型カブのような構造がその始まり。その後エンジンを囲むゆりかご状のクレードルフレームが登場し、さらに重たいエンジンを載せるために支えを2本にしたのがダブルクレードルで、現在もCBシリーズやアフリカツインなどで現存。

オメガプレートイメージ

【オメガプレート】ギリシャ文字のオメガのようなプレートで支える独特な設計。写真はテージ3D。 [写真タップで拡大]

トラスフレームイメージ

【トラス(トレリス)フレーム】はしご状で見た目も特徴的なトラスフレーム。写真はNinja H2のもの。 [写真タップで拡大]

モノコックフレームイメージ

【モノコックフレーム】一般的な乗用車と同じくボディ自体で車体を支えるモノコック。写真はムルティストラーダV4。 [写真タップで拡大]


※各設問の回答は編集部独自の見解であり、諸説あります。
※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。



最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース