記事へ戻る

【3/7】新車販売の5台に1台がレブル250だった件…2022年上半期 8000台超えで軽二輪クラスを牽引

【1位:レブル250/S】累計販売台数は5万台に迫るはずで、これは1980年代のバイクブームと比べても遜色ないレベル。2017年に初代が発売され、2020年にマイナーチェンジしてLED×4灯の個性的な顔をゲットした。ビキニカウルなどを装備したSエディションもラインナップする。2021年は長兄にあたるレブル1100/DCTもヒットした。12月に新型が発売予定(写真は現行モデル)。

■水冷4ストローク単気筒 249cc 26ps/9500rpm■車重170kg[S=171kg] シート高690mm 燃料タンク容量11L ●価格:59万9500円~63万8000円 ※諸元は現行モデル