Sエディションは流行りのゴールドホイールを採用

新型「レブル250」登場間近! ホンダが国内SNSでティーザーを開始、ニューカラーがよさげだぞ

ホンダは国内SNSで、新型レブル250/レブル250Sエディションの姿を公開した。正式発表は追って行われるが、高級感のあるニューカラーに注目だ。従来型は令和2年排出ガス規制に適合しておらず、受注が一時停止となっていた。

正式発表も遠くない!

ホンダ「レブル250」は押しも押されもせぬ大人気モデルだが、現行車は令和2年排出ガス規制に適合していないためモデルチェンジが確実。すでにオーダーが一定数に達したため受注を一時停止しており、次期モデルへの期待感が高まっていた。

そんな中、ホンダは国内のSNSで新型レブル250/Sエディションの姿を公開した。姿は大きく変わっていないので令和2年排出ガス規制への適合がメインと思われるが、エキゾーストパイプの湾曲度や触媒の位置といった違いも見いだすことができる。はっきり判別はできないが、吸気まわりにも変更が加えられているようだ。

2車いずれもニューカラーをまとっており、特にSエディションは流行のゴールドホイールを履いた姿が新鮮。ホンダは「正式なご案内についてはもうしばらくお待ちください」としているが、早くも待ち遠しくて仕方がないぞ!

次期レブル250は、明るいマット系と思われるグレー系を披露。 [写真タップで拡大]

次期レブル250Sエディション。メタリックなボディカラーにゴールド(というかブロンズ?)のホイールが映える。 [写真タップで拡大]

また、同じくホンダのSNSでは、2022年9月9日にタイで発表された新型CT125ハンターカブについても「国内モデルについては今後の情報発信をお待ちください」としている。同じく国内では受注を一時停止しており、新型の正式発表が待ち遠しい。

ロングストローク設定の新型エンジンを搭載するCT125ハンターカブ(2023年モデル?)。タイでは新色のグレーも公開されていたが……。 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース