ニンジャZX-25Rのマイナーチェンジの可能性も

カワサキ「ニンジャZX-4R」は10月1日に登場?! インドネシアで謎のティーザー開始

カワサキインドネシアは、2022年10月1日に『ZX』の名が付く何らかのニューモデルを発表することを示唆したティーザー映像を公開した。我々がこれまで得てきた情報によれば、これは新型車「ニンジャZX-4R」の可能性が高い!

●CG:SRD

輝く『ZX』の文字、2022年10月1日世界初公開だ!

カワサキがインドネシアで何らかのニューモデルを発表する。10月1日に新製品を初めて公開するとしたティーザー動画が配信されたのだ。インドネシアで生産しているZXといえば「ニンジャZX-25R」だが(日本導入仕様はタイ生産)、これに続くストーリーを描く新製品とくれば、間もなく登場するとの情報を掴んでいる「ニンジャZX-4R」と見てよさそうだ。

ティーザー動画には“新製品登場”の文字。 [写真タップで拡大]

また、同時期に新排出ガス規制適合などのマイナーチェンジを受けたニンジャZX-25Rが発表される可能性もあるが、わざわざティーザーを展開して「NEW PRODUCT LAUNCH」や「FIRST PUBLIC SHOWING」としていながらマイナーチェンジモデルのみを発表するということは考えにくい。となれば、やはり待望の400cc4気筒モデルの登場を期待したくなる。

ちなみにインドネシア仕様のニンジャZX-25Rは日本仕様から+5psの50psを発揮しており、かつての自主規制値59psを上回る60ps超えと言われる、ニンジャZX-4Rの最高出力がどれほどのものになるのかも注目したい。

ヤングマシンでは、2021年末頃にニンジャZX-4Rの実車を見たというタレ込みから、ニンジャZX-25Rに非常に近い車体構成とフロントブレーキのダブルディスク化、長めのサイレンサーといった姿を掴んでいる。ついに実車の姿を拝む時が来るわけだ。続報に期待してくれ!

カワサキ|ニンジャZX-4R

ヤングマシン2022年4月号でスクープをお届けした時のCG。ダブルディスクと長めのサイレンサーはこの時に判明した情報だった。ニューモデルではさらにデザインを変えてくるのか期待。 [写真タップで拡大]

カワサキ|ニンジャZX-4R

こちらは2022年10月号でお届けした際のCGだ。ベースは完全にニンジャZX-25Rと共有し、エンジンの排気量拡大とそれにともなうブレーキ強化、最新のKRTグラフィックという組み合わせだ。 [写真タップで拡大]

【動画】Kawasaki New Product Launch Trailer


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース