モビリティリゾートもてぎ開場25周年

カワサキのMotoGPマシン! 日本GPを目前にホンダコレクションホールの展示に追加

モビリティリゾートもてぎは、場内にあるホンダコレクションホールにて、同サーキット開場25周年記念企画展として、9月14日より「もてぎ」にゆかりのあるWGP&MotoGPマシン4台を追加展示すると発表した。その中には、カワサキZX-RRの姿もある。

ZX-RR(2002年)、RGV-Γ(2000年)、YZR-M1(2008年)、RC213V(2016年)が追加された!

モビリティリゾートもてぎは、ホンダコレクションホールにて開催中の開場25周年記念企画展に、9月14日より「もてぎ」で開催された過去のグランプリに縁の深いマシン×4車を追加すると発表。おっさん世代として注目したいのは、2000年にケニー・ロバーツJr.がもてぎ2連覇を達成(同年はチャンピオンを獲得している)したスズキ「RGV-Γ」、そして2002年にワイルドカード参戦して20年ぶりのグランプリ復帰を果たしたカワサキ「ZX-RR」だろう。

特にZX-RRは、カワサキが翌年からのMotoGPフル参戦を目指して開発を続けてきた野心作で、テストライダーの柳川明がゼッケン48を付けてワイルドカード参戦するとあって、当時とても注目されていたことを覚えている読者もいるはずだ。

その後、ZX-RRは改良を続けながら参戦を続け、2004年には中野真矢が日本GPで初めての3位表彰台を獲得。2005年~2007年には毎年最高成績2位を獲得したものの優勝には届かず、2008年末をもってワークス参戦を終了している(2009年はハヤテレーシングにマシンを委託)。

この開発で得た知見はのちに市販車のニンジャZX-10Rへと存分に盛り込まれ、2016年~2020年のジョナサン・レイによるワールドスーパーバイク選手権6連覇を支えることになる。

この貴重な機会に、ぜひホンダコレクションホールを訪ねてみよう!

航空自衛隊松島基地|F-2B 戦闘機

9月25日、日本GPのMotoGPクラス決勝レース前には、航空自衛隊松島基地「F-2B 戦闘機」の歓迎フライト展示も行われるという。 [写真タップで拡大]

2002年当時に配布されたZX-RRの資料写真

カワサキ|ZX-RR|2002
カワサキ|ZX-RR|2002

2002年、日本GPへのワイルドカード参戦を控えて公開されたZX-RR。この年の全日本ロードレース選手権に特別枠で参戦しながら開発を続けてきた。 [写真タップで拡大]

カワサキ|ZX-RR|2002
カワサキ|ZX-RR|2002

エンジンとフレームの外観イラスト(CG)。スライドバルブを備えたFCR-iなども当時ならでは。 [写真タップで拡大]

カワサキ|ZX-RR|2002
カワサキ|ZX-RR|2002

初期イメージスケッチ×2点。 [写真タップで拡大]

カワサキ|ZX-RR|2002
カワサキ|ZX-RR|2002

左は初期モックアップで、右はクレイモデル。 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース