サクッと読めてためになる

Q1:気筒数が違うとバイクはどう変わる?【30秒でわかる! バイクの疑問】

Q1:気筒数が違うとバイクはどう変わる?

ライダー予備軍や免許取り立てなら、知らないことばかりなのは当たり前。だけどキャリアの長いライダーだって「知っているようで解らない」があったりする。理解しなくてもバイクは乗れるけれど、知っていればトクするコトや、バイクライフが深まるヒントもたくさん。コッソリ知って、貴方も今日からベテランだ。まずはよく耳にする「気筒数」のギモン。

●文:ヤングマシン編集部

A1:乗り味も価格もぜんぜん違う

単気筒がもっともシンプルな構成で軽量コンパクトだが、往復部品が重くなりがちなのとショートストローク化が難しい傾向。なので、同じ排気量なら気筒数が多くなるほど高回転&高出力化しやすく高性能になる。

一方、多気筒化によって構成は複雑になり、部品点数が増えることで車両価格も上昇傾向に。扱いやすさでいえば単気筒はアクセル操作への反応が低回転域からダイレクトでわかりやすい反面、極低速でギクシャクしがち。

2気筒は形式によって個性の違いが出やすく、オールマーティなのは4気筒。2と4の中間が3気筒といえる。6気筒は極めて振動が少ないのが特徴だ。5気筒はちょっと特殊な存在か……。

単気筒車イメージ

単(1)気筒 [写真タップで拡大]

2気筒車イメージ

2気筒 [写真タップで拡大]

3気筒車イメージ

3気筒 [写真タップで拡大]

4気筒車イメージ

4気筒 [写真タップで拡大]

5気筒車イメージ

レアな5気筒 [写真タップで拡大]

6気筒車イメージ

6気筒!! [写真タップで拡大]


※各設問の回答は編集部独自の見解であり、諸説あります。
※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース