新排ガス規制未対応で”絶滅”=生産終了の危機?! [バイクのレッドリスト]カワサキ編

新排ガス規制未対応で"絶滅"=生産終了の危機?! [バイクのレッドリスト]カワサキ編

激動の変革期来る!国内の現行車は50ccを除き、’22年10月末までに”次期排ガス規制”に対応しないと販売できなくなるのだが、実はまだ適合していないバイクが半分以上! 「欧州ではユーロ5 に対応済み」など、国内の次期規制にも通るだろうモデルもある。しかし、中には「モデルチェンジしない=今を逃すともう買えない」バイクもあるのでは。そこで独自調査を元に、それら”絶滅危惧”バイクを大予想。メーカーも終了を発表しているようなモデルは”絶滅寸前”、存続するか否か五分五分(?! )なモデルは”絶滅の可能性アリ”だ。全ライダー必見の記事、今回はカワサキ編+国産各社のEVについてのコラムをお届け!

●文:ヤングマシン編集部(沼尾宏明) ●絶滅の危険性判定:ヤングマシン編集部

“絶滅の危険性”を2段階で判定

  • 絶滅寸前:残念ながら絶滅の可能性高し!
  • 【絶滅の可能性アリ】:継続は五分五分?! 殿堂入りしちゃうかも……

2BL? 8BL?? 型式を見れば規制対応済みかどうかが分かる!

排ガス規制の基準値や測定方法は各国でバラバラだったが、’14年頃から世界統一基準が採用され始めた。そして、ついに日本の新規制”平成32年(令和2年)規制”と、欧州規制の”ユーロ5″がほぼ同一に。ユーロ5をクリアしていれば、日本の規制にも対応できると考えていい。導入時期は欧州が先行しており、既に’21年1月から全面適用。ただし1年間の猶予期間があり、ユーロ4でも認定を受けた一定数の車両なら販売できる。なお米国は独自の規制を敷くため、日欧にないモデルが販売中だったりするのだ。

そしてどの規制に対応しているのかは、スペック表や車検証にもある”型式”を見れば一目瞭然。最初の3文字は「いつの規制をクリアしたか」などを示す。これを見れば、新規制に対応しているか即わかるのだ。ただし全く同一の車種ながら、欧州仕様はユーロ5対応で、国内仕様は従来の平成28年規制(ユーロ4相当)対応という場合も。こうした車種は、国内新規制の認証試験を受けていないだけで、パスできる性能はあるだろう。

ここでは前述の通り、本誌の超独断と偏見と少しの妄想で新規制に対応しない=絶滅しそうかどうかを大予想。ほぼ絶滅間違いなかろう、というようなモデルは”絶滅寸前”、絶滅となってしまう可能性を捨てきれないモデルは”絶滅の可能性アリ”という表記にした。

平成32年(令和2年)規制適用時期表

既に次期規制は新型車に適用済み。適用時期以前から販売されている51cc以上の”継続生産車”は’22年10月末までの対応が必要だ。 [写真タップで拡大]

排ガス規制と型式(最初の3ケタ)の関係表

市販されている2輪4輪には全て型式があり、規制や排気量など示す。バイクは最初が”8″なら新規制をクリアした車両を意味する。 [写真タップで拡大]

KAWASAKI Ninja H2 CARBON絶滅寸前

スーチャー怪物はラスト!

史上初のスーパーチャージド市販バイクとして’15 年に衝撃デビュー。市販車最強の231psを叩き出し、クローズド専用のH2Rに至っては驚異の310psをマークする。2台とも’21で生産終了が決定。北米では’22も販売。

KAWASAKI Ninja H2 CARBON

【’21 KAWASAKI Ninja H2 CARBON】■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ+スーパーチャージャー 998cc 231ps/11500rpm 14.4kg-m/11000rpm ■車重238kg シート高825mm 17L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=200/55ZR17 ■ブルートゥース ●色:ミラーコートマットスパークブラック×キャンディフラットブレイズドグリーン ●価格:363万円 [写真タップで拡大]

KAWASAKI Ninja H2 CARBON エンジン

完全自社製のスーパーチャージドエンジン。川崎重工業グループの力を結集、スーパーチャージャー本体にはガスタービン部門、エアロボディには航空宇宙カンパニーの技術が活かされているのだ。 [写真タップで拡大]

KAWASAKI ZX-6R/KRT Edition【絶滅の可能性アリ】

モデルチェンジに期待だ

実質的な速さを求めた636ccの排気量と充実装備ながら買いやすい価格が光るSS。’19で日本仕様が復活した。未だユーロ5に対応しておらず、欧州では既に生産終了。YZF-R6らライバル勢も消滅する中、動向に注目が集まる。

KAWASAKI ZX-6R/KRT Edition

’22 KAWASAKI NINJA ZX-6R】■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 636cc 126ps/13500rpm 7.1kg-m/11000rpm ■197kg シート高830mm 17L ■タイヤF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ■クイックシフター(アップ) ●色:メタリックマットグラフェンスチールグレー×メタリックディアブロブラック●価格:137万5000円 [写真タップで拡大]

KAWASAKI ZX-6R/KRT Edition メーター

旧ニンジャシリーズでも主流だった、アナログタコメーター+モノクロ液晶パネルを採用。ストリート用途を考慮し、バー式燃料計も備えている。 [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z1000【絶滅の可能性アリ】

硬派NKは殿堂入りか?

SUGOMI(凄み)がコンセプトのスーパーNK。同系エンジンを積む欧州仕様ニンジャ1000が’20で大幅変更したものの、Z1000は静観。ユーロ5にも未対応で欧米では生産終了だが、国内仕様は’22モデルが登場。’19年以来のニューカラーとなるが、存続には黄信号?

KAWASAKI Z1000

【’22 KAWASAKI Z1000】■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 1043cc 141ps 11.3kg-m/7300rpm ■220kg シート高815mm 17L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=190/50ZR17 ●色:メタリックフラットスパークブラック×メタリックマットグラファイトグレー ●価格:118万8000円 [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z1000 ライト

4眼プロジェクタータイプのLEDを採用。内側2つがローで、外側2つがハイビームを担当。猛獣のように睨みを効かせる。 [写真タップで拡大]

KAWASAKI Versys-X 250 Tourer【絶滅の可能性アリ】

規制適合ならフルチェン?

旧ニンジャ250の水冷ツインを積む快速ツアラー。国内ではパニアが標準のツアラーのみ販売中だ。’17年に登場し、’22では色変更のみ。現行ニンジャベースで規制対応なるか?

KAWASAKI Versys-X 250 Tourer

【’22 KAWASAKI VERSYS-X250 TOURER】■水冷4スト並列2気筒DOHC4バルブ 248cc 33ps/11500rpm 2.1kg-m/10000rpm ■車重183kg シート高815mm 17L ■タイヤサイズF=100/90-19 R=130/80-17 ●色:キャンディライムグリーン×メタリックフラットスパークブラック メタリックオーシャンブルー×パールロボティックホワイト ●価格:72万6000円 [写真タップで拡大]

KAWASAKI Versys-X 250 Tourer

カラーバリエーションは2色展開。写真の17Lのパニアは標準装備だが、フォグランプはオプションとなる。 [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z125 PRO絶滅寸前

Zの末弟は終了決定……

Zならではのデザインに、リターン4速の空冷エンジンや倒立フォーク+前後12インチを組み合わせる原2スーパーNK。残念ながら’21年型で国内販売の終了が決定した。

KAWASAKI Z125 PRO

【’21 KAWASAKI Z125 PRO】■空冷4 スト単気筒SOHC2バルブ 124cc 9.7ps/8000rpm 0.98kg-m/6000rpm ■車重102kg シート高780mm 7.4L ■タイヤサイズF=100/90-12 R=120/70-12 ●色:メタリックフラットスパークブラック パールナイトシェードティール ●価格:35万2000円 [写真タップで拡大]

EV軍団はもちろん“排ガス”規制の問題ナシ!

バッテリーと電動モーターで走るEVは排ガスが出ないため、新規制を当然クリアできる。現在、国内主要4社で個人向けはE-ビーノのみで、ホンダが’24年までに販売を予告している新型が待たれる。ただし価格や航続距離、充電設備などは今後の課題だ。

HONDA PCX ELECTRIC

NDA PCX ELECTRIC

原2クラスとなる電動PCX。企業等へのリース専用だ。 [写真タップで拡大]

HONDA GYRO e:/CANOPY

HONDA GYRO e:
HONDA GYRO CANOPY e:

「バッテリーの回収に協力してくれる法人向け」のみの販売。●価格:55万~71万5000円 [写真タップで拡大]

HONDA BENLY e: series

HONDA BENLY e: series

原1と原2モデルを用意。法人向けのみだ。●価格:36万3000~37万4000円 [写真タップで拡大]

YAMAHA E-Vino

YAMAHA E-Vino

唯一の個人向け販売車。●価格:25万9600円 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

ホーム最上の極楽エクスプレス! ホンダNT1100ディテール解説
WEBヤングマシン|新車バイクニュース