こだわりのシングルシート!【ハーレーダビッドソン ローライダーS】 試乗ショートインプレッション

3年ぶりの実施となる日本自動車輸入組合(JAIA/ジャイア)による『輸入二輪車試乗会・展示会』。’22年の各社の自慢のモデルを一気乗りしてきた。テスターはフリーライターの谷田貝洋暁で身長172cm、体重75kgだ。本記事では、ハーレーダビッドソンのローライダーSを取り上げる。

●文:ヤングマシン編集部(谷田貝洋暁) ●写真:真弓悟史 ●外部リンク:ハーレーダビッドソン

ハーレーダビッドソン ローライダーS 試乗ショートインプレッション

往年の“ローライダー”の名前を受け継ぎ復活した新生ローライダーS。前19インチホイールにビキニカウルなど先代のローライダーからの要素を受け継ぎつつも、フレームは先代のダイナ系ツインショックから、モノサスペンション仕様のニューソフテイルシャーシとなっている。

最新の’22モデルはミルウォーキーエイト117エンジンを得て1923cc化するとともにメーターレイアウトなどを変更。現在はクルーザーセグメントにカテゴライズされるローライダーSだが、乗ってみるとその走りは非常に現代的でハンドリングもスポーティ。左右のバンク角は30度を確保し、流行の4インチライザーと1インチモトハンドルバーは、マシンを捩じ伏せるようなアグレッシブな走りも可能だ。

HARLEY-DAVIDSON LOW RIDER S

【HARLEY-DAVIDSON LOW RIDER S】■全長2365 全幅710 全高NA 軸距1615 シート高710(各mm) 車重308kg(装備) ■空冷4ストOHV V型2気筒 1923cc 17.1kg-m/3500rpm 変速機6段リターン 燃料タンク容量18.9L ブレーキF=ダブルディスク R=ディスク タイヤサイズF=110/90-19 R=180/70-16 ●色:黒 灰 ●価格:281万8200円~ [写真タップで拡大]

HARLEY-DAVIDSON LOW RIDER S

【ライディングポジション】ハーレーらしい710mmという低めのシートのおかげで踵ベッタリで膝にも余裕ができる。ステップはミッドマウントフットコントロール、上半身も起き気味のスポーティポジション。 [写真タップで拡大]

HARLEY-DAVIDSON LOW RIDER S

エンジンは’22モデルより1868ccの「ミルウォーキーエイト114」から、1923ccの「ミルウォーキーエイト117」へ排気量アップ。 [写真タップで拡大]

HARLEY-DAVIDSON LOW RIDER S

メーターは、伝統のタンクオンのデュアルではなくハンドルマウント。デジタル部には、基本機能の他、航続可能距離/ギヤポジションも表示。 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ハーレー FXLRS SOFTAIL LOWRIDER Sの価格情報新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

ハーレー FXLRS SOFTAIL LOWRIDER S

ハーレー FXLRS SOFTAIL LOWRIDER S

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 0価格種別 中古車 1

本体

―万円

価格帯 ―万円

本体価格

本体

286.28万円

価格帯 286.28万円

諸費用

―万円

価格帯 ―万円

諸費用

諸費用

24.45万円

価格帯 24.45万円

乗り出し価格

―万円

価格帯 ―万円

乗り出し価格

乗り出し価格

310.74万円

価格帯 310.74万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す
WEBヤングマシン|新車バイクニュース