安定の減衰力でZ900RSの走りを底上げ! ショーワBFF(フォーク)&BFRCライト(リヤショック)

Z900RS|ショーワBFF(フォーク)&BFRCライト(リヤショック)

ショーワ(日立アステモ)が長年トップカテゴリーのレースで培ってきたバランスフリー技術。これを採用したZ900RS/カフェ用のフロントフォークとリヤショックをMSLが発売した。オーナー諸氏は刮目して見よ!

●文:ヤングマシン編集部(大屋雄一) ●写真:長谷川徹 ●外部リンク:MSL WORLD

[◯] 動き出しの良さに感動。純正サスには戻れない

「これがあのZ900RS!?」というのが偽らざる第一印象である。

もともとZ900RSの足回りはスポーティな方向でうまくまとめられているが、バランスフリー技術を採用したショーワのBFF(フォーク)とBFRCライト(リヤショック)に換装した試乗車は、走りの質が格段にアップしていたのだ。

ショーワ BFFハイパフォーマンスシリーズキット
ショーワ BFFハイパフォーマンスシリーズキット

【ショーワ BFFハイパフォーマンスシリーズキット】フォークのインナーチューブ径は純正品のφ41mmに対してφ43mmと太く、ボトムケース(アクスルホルダー)はアルミ削り出し。●価格:33万円 [写真タップで拡大]

ショーワ BFRCライト ハイパフォーマンスシリーズキット
ショーワ BFRCライト ハイパフォーマンスシリーズキット

【ショーワ BFRC-lite®ハイパーフォーマンスシリーズキット】リヤショックはダンパーボディとロアマウントの両方を鍛造にて製作する。●価格:19万8000円 [写真タップで拡大]

純正サスペンションとの違いはまたがった瞬間から実感できる。動き出しが非常にスムーズなのだ。そして、驚きはまだ続く。交差点を曲がるような低速域からワインディングロードでの快走まで、とにかく路面追従性が高いのだ。ひと言で表現するなら「しっとりと動く」になり、それを細かく分析すると、ストロークがどの位置でも減衰力が一定ということになろうか。特に圧側から伸び側へと作動方向が切り替わる初期に、減衰力がフッと抜けるような感触がない。

その結果、フロントはブレーキングからのターンインに自信が持てるようになり、リヤは路面が荒れているコーナーでも跳ねないので安心して攻められる。そして、高速巡航時の乗り心地も優秀だ。前後セットで50万円を超えるが、得られる満足度を考えるととってもお買い得だ。

フロント:BFF

ショーワ BFFハイパフォーマンスシリーズキット
ショーワ BFFハイパフォーマンスシリーズキット

フォークはトップキャップにプリロード用のダイヤルがあり、工具もしくはコインで回す。伸び側と圧側の減衰力調整はボトムケースにある。なお、SEのブレンボ製キャリパーはニッシン製と取り付けピッチが異なるため、キャリパーおよびホースの交換が必要だ。 [写真タップで拡大]

リヤ:BFRCライト

ショーワ BFRCライト ハイパフォーマンスシリーズキット
ショーワ BFRCライト ハイパフォーマンスシリーズキット

[写真タップで拡大]

ショーワ BFRCライト ハイパフォーマンスシリーズキット

プリロード(油圧式)および伸び側/圧側減衰力のほか、車高調整も可能なリヤショック。ZX-10Rも純正でBFRCライトを採用するが、ボディが鋳造なのでこちらの方がコストがかかっている。ロッドおよびフォークのインナーチューブはチタンコーティング済みだ。 [写真タップで拡大]

[△] すでに完売間近か。数量限定は厳しい

6月中旬現在、ECサイトの表示は残り1セットとなっており、今後の入手は難しいかも…。これを受けて再販してくれることを願う。

[こんな人におすすめ] 動きの良さでオーリンズのSEを超えたかも

BFF&BFRCライトはZX-10Rに純正採用されているので体験済みなのだが、Z900RSと組み合わせたことでその優秀さが明瞭に。推奨設定値がリーフレットに明記されているので、サスセッティングに迷うこともなし。これはいいぞ!


※本記事は”ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース