早すぎる衝撃の引退宣言|モトクロnet

【全日本モトクロス】チャンピオンの旅立ち~山本鯨引退~

有終の美というよりも、モトクロスというスポーツに幼いころから真摯に向き合ってきた男に対する、神様からのお祝いだったのかもしれない。山本鯨は、2021年の全日本モトクロス選手権シリーズIA1タイトルを最後の勲章に、レーサーとしての人生にピリオドを打つ。

●文: 田宮 徹 ●写真: モトクロnet

間違いなく日本のトップライダーだった

山本鯨(けい)、引退。2021年の全日本モトクロス選手権シリーズで、もっとも大きなニュースはこれだろう。

17歳で迎えた2009年シーズンに、全日本のIBオープン&IB2でダブルチャンピオンに輝いた山本は、翌年からスズキのファクトリーライダーとして全日本IA2クラスに参戦。

鳴り物入りの全日本トップライセンスカテゴリー参戦とは裏腹に、初年度と2年目はケガに泣いてランキングは低迷したが、3年目の2012年にシリーズタイトルを獲得した。

翌年はホンダ系のチームに移籍し、再びIA2クラスに参戦。シーズン中盤の北海道大会で負傷して両ヒートでノーポイントを喫しながらも、ランキング2位となった(チャンピオンは富田俊樹)。

そして翌年から、山本はホンダのサポートを受けながらモトクロス世界選手権にチャレンジ。

初年度はMX2だったが、2015~2016年は最高峰クラスのMXGPにフルエントリーしてスピードとテクニックを磨いた。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース