56RACINGの若武者たちが躍動! 小田喜阿門は全日本ロードの前哨戦に手応え

●文:ヤングマシン編集部 ●写真:56RACING ●外部リンク:56RACING

2022年5月28日の筑波ロードレース選手権および6月12日開催の関東ロードミニ選手権に56RACINGのライダー2名が参戦した。

筑波ロードレース選手権第2戦に参戦した小田喜阿門選手(中学3年生)は、6月26日に同サーキットで行われる全日本ロードレース選手権のスポット参戦に向けて練習を兼ねての出場。全日本仕様のマシンのセットアップが決まらず目標タイムには届かなかず課題も見えたなか、予選4位/決勝2位でレースを終えた。

関東ロードミニ選手権第3戦は桶川スポーツランドで行われ、56RACINGの富樫虎太郎選手(小学5年生)は練習中の怪我のために休んでいたが、復帰戦となった今回は予選1位、決勝2位の好成績を挙げた。決勝もラストラップまでトップを走るなど攻めの奮闘が光った。

56RACING
56RACING

小田喜 阿門(おだき あもん)選手は2007年12月生まれの中学3年生。2020年に全日本ロードレース選手権J-GP3クラスに出場し、史上最年少デビューを飾る。2021年は同クラスに特別参戦枠で出場し、5戦中クラス優勝4回。 [写真タップで拡大]

56RACING
56RACING

富樫 虎太郎(とがし こたろう)選手は2011年1月生まれの小学5年生。2021年にテルル桶川スポーツランド関東ロードミニ選手権 HRC trophy Jrクラス シリーズチャンピオンを獲得し、2022年から56RACINGに。 [写真タップで拡大]


※本記事は”ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース