第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

HERO’S Insight|Racing Heroes

岡崎静夏の新たなる挑戦 vol.2【全日本J-GP3クラスに参戦! わずかな迷いが結果に出た第2戦】

全日本デビュー当時は現役高校生だった岡崎静夏、レースキャリアは19年と長い。2020年には自らチームを立ち上げ、メカニック担当の弟と二人三脚で2シーズンを戦った。さまざまな経験を経たことで課題も見えてきたのだろう。2022年、岡崎静夏は2年ぶりにチームに所属してレースを闘っている。


●文/写真:Racing Heroes(駒井俊之)

駒井俊之(こまい・としゆき)/1963年生まれ。バイクレース専門サイト「Racing Heroes」の運営者。撮影から原稿製作まで1人で行う。“バイクレースはヒューマンスポーツ”を信条に、レースの人間ドラマを追いかけている。

雨のART走行で良い感触を掴んだ

手島雄介率いる『日本郵便Honda Dream TP』から参戦する岡崎静夏の新たなる挑戦。大きなチームに所属し、個人で戦ってきた時とは違う環境で自己研鑽に励む。開幕戦ではセッティングを詰めきれず結果を残せなかった。舞台を東北のスポーツランドSUGOに移して第2戦に臨んだ。

レースウィーク金曜日に行われたART合同走行は雨。雨の走行が課題だった岡崎。「ここ数年、雨が課題でウェットコンディションになるとどうにも走れない、という状態でした」しかしこの日は好タイムをマークする。1本目の1分57秒から2本目は1分54秒772と3秒タイムアップを果たす。トップからも3秒落ちだ。「全く違うセットで走ってみて、今までに経験したことのない良い感触を掴めました。」雨の走行で好感触を得た岡崎。だが、この好感触が後の判断に迷いを与えた。


※本記事は“ミリオーレ”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース