キャンプツーリングならこれだ! ワークマンの設営カンタンドーム型テント【ベーシック ドームテント/ミシックツーリングテントAG】

キャンプ場に到着して受付を済ませたら、まず最初に行うのが一晩の宿となるテントの設営だ。ワークマンのテントは全て自立式と呼ばれるタイプで、イラスト付きの設営手順を掲載した取扱説明書も付属しており、ビギナーでも設営が容易なことで知られる。本記事では、そんなワークマンのテントの中からツーリングにも向く2タイプの製品と、ワークマンのミシックツーリングテントを例にドーム型テントの一般的な設営手順を紹介する。

●文:ヤングマシン編集部(大屋雄一) ●写真:山内潤也 大屋雄一 ●取材協力:ワークマン

組み立て後も移動が可能。ドーム型はメリット多し

テントは用途や目的によってさまざまなタイプがあり、ポールを組むだけで形状を保てる自立式と、ペグとロープ(張り綱)による固定が必須な非自立式に大別される。さらにフライシートの有無でダブルウォール/シングルウォールに分けられ、ワークマンが販売する5タイプは全て自立式のドーム型でダブルウォールとなっている。

ドーム型は、ペグが打ち込みにくい場所でも設営しやすく、また組み立てたあとでも向きを変えたり移動したりできるので、設営の自由度という点では非自立式を大きく上回る。ここではミシックツーリングテントAGの設営手順を簡単に紹介するが、基本的な流れはベーシック ドームテントと共通だ。慣れればロープによる固定まで含めて10分程度で済むだろう。

ベーシックの名にふさわしい堅実な作り〈ベーシック ドームテント〉

一般的にテントの下には汚れや浸水を軽減するためのグランドシートなるものを敷くが、ベーシックドームテントはフロアシート自体に十分な耐水圧と厚みを持たせることで、これを不要としている。もちろん河原や砂利サイトでは傷みは発生するだろうが、その場合は市販のシートを敷けばいいし、芝生サイトであればまずその心配はないだろう。

ワークマン ベーシック ドームテント

【ワークマン ベーシック ドームテント】●価格:4900円 [写真タップで拡大]

ワークマン ベーシック ドームテント

フロントドアの上半分は通気量を調整できる2ウェイメッシュゲートだ。フロアシートとフライの間にある空間は前室と呼ばれ、ブーツなどを夜露から守るのに重宝する。 [写真タップで拡大]

ワークマン ベーシック ドームテント

中にアウトドアマットレスとベーシックスリーピングバッグを置くとこんな雰囲気に。アウトドアピロー(499円)もワークマンで販売中。 [写真タップで拡大]

ワークマン ベーシック ドームテント

天井にはスマホなどの小物を置くのに便利なメッシュシートを装備。ランタンフックを通せる穴付きだ。 [写真タップで拡大]

ワークマン ベーシック ドームテント

キャノピーポールが付属するので、狭いながらも日除けを作ることが可能。別売りの延長ポール(299円)でさらに角度を高くもできる。 [写真タップで拡大]

キャンプツーリングならほぼこれ一択か!?〈ミシックツーリングテントAG〉

ミシックツーリングテントAGにおける最大の魅力はフロア面積の広さだ。ローコットを入れてなお大型シートバッグ/サイドバッグ/ヘルメットが置けるほどに余裕があり、これなら荷物が盗まれたり野生動物に荒らされるといった心配も大いに減る。加えて季節と場所によってはヤブ蚊との戦いで眠れないことも少なくなく、その点においても防虫加工がなされたこのテントは非常に魅力的だ。

ワークマン ミシックツーリングテントAG

【ワークマン ミシックツーリングテントAG】●価格:9800円 [写真タップで拡大]

ワークマン ミシックツーリングテントAG

フロントドアは通気量を調整できる2ウェイで、背面のメッシュとも防虫加工のディアガード仕様となっている。 [写真タップで拡大]

ワークマン ミシックツーリングテントAG

コットの右隣にサイドバッグ左右と大型シートバッグを置いた例。インナーテントが白いので夜は光量の少ないランタンでも明るくなる。 [写真タップで拡大]

ワークマン ミシックツーリングテントAG

サイドには大きなメッシュポケットあり。また天井にはランタンを吊すためのフックも。 [写真タップで拡大]

ワークマン ミシックツーリングテントAG

キャノピーポールは付属しないが、市販のものを使えばこのようにキャノピーを作ることも可能だ。フロアシートとフライの間は53cmと広く、オフロードブーツなどを置いてなお余裕があるのがうれしい。 [写真タップで拡大]

収納サイズを比較する

テント

青い方はミシックツーリングテントAGで、収納サイズはφ16×42cmを公称。一方、迷彩柄はベーシックドームテントで、こちらはφ13×55cmとなっている。ミシックツーリングテントAGの方がフロア面積が広いのに収納時の全長は13cmも短く、よりコンパクトなバッグにもしまえることに。これもテント選びの重要なポイントだ。 [写真タップで拡大]

ミシックツーリングテントAG 設営手順

手順1:インナーテントを広げる

ミシックツーリングテントを例に一般的な設営手順を解説する。まずはフックが付いている白い面を上にしてインナーテントを広げる。なお、ファスナーのある短辺がフロント側だ。

テント

[写真タップで拡大]

手順2:ポールを組み立てる

ショックコードに沿ってポールを組み立て、本体四隅のリングに端部を差し込む。ミシックツーリングテントは赤いポールが後方側なので要注意。

テント

[写真タップで拡大]

手順3:本体を立ち上げる

ポールにフックを引っ掛けて本体を立ち上げる。この時点でペグダウンする際は出入り口のファスナーを閉じておくこと。

テント

[写真タップで拡大]

手順4:フライシートをかぶせる

フライシートをインナーテントにかぶせる。四隅のバックルが色分けされているので前後を間違えにくいのは優秀だ。

テント

[写真タップで拡大]

手順5:4か所のヒモを結ぶ

フライシートの内側にある4か所のヒモをポールに結び付ける。フライシートのズレを防ぐためなので忘れないように。

テント

[写真タップで拡大]

手順6:ベンチレーションを開ける

ベーシックドームテントとは異なるタイプのベンチレーションを採用。インナーテント/フライシート双方の円筒部が重なるように調整を。

テント

[写真タップで拡大]


※本記事は”ヤングマシン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース