エンジンはなんと100psオーバー!

〈動画〉250ccで250km/h!! トリックスターのZX-25Rターボが大記録を達成!

鶴田竜二代表が率いるトリックスターが進めてきた「ZX-25R TURBO PROJECT」。250cc車で250km/hを達成することを目標としてきた同プロジェクトだが、今回、日本自動車研究所(JARI)の高速周回路における最高速アタックで、ついにその目標速度を達成したぞッ!

●文:ヤングマシン編集部 ●写真:富樫秀明 ●取材協力:トリックスター

直前のエンジンブローを乗り越えて達成!

トリックスターが内燃機関の可能性を追求するべく進めてきたターボ・プロジェクト。ZX-25Rにターボを装着し、約1年を掛けてチャレンジとチューニングを重ねてきた結果、カタログ値で45psのエンジン出力はほぼ倍となる100ps(クランク軸)をオーバーするまでに至っている。

そして今回、目標としてきた“250ccで250km/h”を達成すべく、JARIに持ち込まれたZX-25Rターボは、テストライダーを務めてきた山本剛大選手のアタックで見事252km/h(メーター読み。実測は243km/h)を達成! オートポリスでの直前テストでエンジンブローを経験していただけに、そこから約1週間でエンジンやターボ系を組み直し、今回の記録達成につなげたのはトリックスターの意地と言っていい。詳細は4/22発売のヤングマシンでレポートするが、まずはトリックスターによる動画で大記録達成の様子をご覧いただきたい。

ちなみにノーマルZX-25Rの最高速は、過去の本誌計測でメーター読み187km/h(実測180km/h)。なんと70km/h近いスピードアップを実現していることになるが、山本選手は「次は実測250km/hを目指す」と公言! トリックスターZX-25Rターボのチャレンジはまだまだ続くぞ!

トリックスター|ZX-25R|ターボ

アジア選手権AP250クラスの初代王者である山本選手。今回は鶴田代表が実走セッティングを重ねたのち、最終的に山本選手による最高速アタックを敢行した。 [写真タップで拡大]

トリックスター|ZX-25R|ターボ

2021年11月に行われた1回目のJARIテストで、メーター読み225km/h(実測217.85km/h)を記録した25Rターボ。そこから約半年間で目標記録を達成! [写真タップで拡大]

トリックスター|ZX-25R|ターボ

「やったぜ、記録達成!」 [写真タップで拡大]


※本内容は記事公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース