スマホ連動の先駆者はドゥカティ!

海外メーカーの搭載車種と機能を一挙紹介:前編【スマホと “つながる”バイク最新事情】

海外メーカーの搭載車種と機能を一挙紹介:前編【スマホと "つながる"バイク最新事情】

近頃、スマートフォンと連動できる機能を備えたバイクが一挙に増えてきた。電話の発着信に、音楽、ナビゲーション機能。スマホがバイクの機能の一部として使えるようなもので、慣れればとても便利な機能だ!! そこで今回は、最新のスマホ連動機能搭載車とその機能を総チェック。ここではドゥカティ、BMWという海外メーカー2社について、どんな車種にどれだけの機能が採用されてきているのかを見てみよう。

●文/まとめ:ヤングマシン編集部(沼尾宏明)

【DUCATI】簡易版はほぼ全ラインナップで対応

採用システムその1:mySPIN

スマホ連動の”ドゥカティマルチメディアシステム”(DMS)を積極的に推し進め、一部のモデルを除いて、ほぼ全車が接続可能だ。

従来はシンプルな機能のみだったが、’21年にデビューしたムルティストラーダV4はマイスピン系を導入。メーターにナビが表示可能になった。日本の地図に対応していない外国車が多い中、ドゥカティのマイスピンはしっかり対応済みだ。

MULTISTRADA V4 series メーター&スマホ置き場

【ナビをメーターに表示し、スマホ室も完備】写真はムルティストラーダV4。利便・快適装備満載だ! [写真タップで拡大]

MULTISTRADA V4 series メーター

Sygicのナビをメーターに表示可能。バ イク初の追従式クルーズコントロールまで搭載し、長旅がラクチンだ。 [写真タップで拡大]

MULTISTRADA V4 series スマホ置き場

タンク上部に防水のスマホ収納室を設置。Bluetooth(以下BT)のほか、さらに通信速度の速いWi‐Fiで無線接続でき、USB充電ソケットもある。 [写真タップで拡大]

MULTISTRADA V4 series 専用アプリ

ムルティV4は専用アプリ”DucatiConnect “で接続。他のマイスピン系と同様、目的地設定、連絡先、電話番号の入力、音楽再生などが可能だ。 [写真タップで拡大]

DESERT X メーター

【スマホ風の縦型も!】’22新型のデザートXには、スタンディングでも視認しやすい縦型配置の5インチメーターを採用。オプショ
ンでスマホと連動でき、矢印を示す簡易式ナビをメーターに表示できる。 [写真タップで拡大]

採用車の一例

MULTISTRADA V4 series

【MULTISTRADA V4 series】
●価格:249万円~ [写真タップで拡大]

DESERT X

【DESERT X】
●価格:193万9000円 [写真タップで拡大]

採用システムその2:BTモジュール

mySPIN以外には簡易版とはいえ、SSにまで連動機能を搭載するドゥカティ。未対応なのは、’20年型以前のムルティストラーダ950系ぐらいだ。メーターには音楽プレイヤーの情報や電話着信、メッセージ受信のアイコンを表示。スマホ内に走行ルートやログを記録できる。

また、ナビ、電話、メッセージ、音楽、天気、音量の6機能を使用可能。BTインカムによる音声入力または左手元のスイッチで操作できる。

DUCATI シンプル版連動機能 イメージ

[写真タップで拡大]

BTモジュール

【一部を除いてオプションでBT接続可能!】多くの車両はオプションのBTモジュールが別途必要。スマホとインカムを2台ずつ接続できる。価格は車種ごとに異なり4万円台前半。 [写真タップで拡大]

採用車の一例

PANIGALE V4 series

【PANIGALE V4 series】
●価格:290万円〜 [写真タップで拡大]

PANIGALE V2 series

【PANIGALE V2 series】
●価格:230万円〜 [写真タップで拡大]

STREETFIGHTER V4 series

【STREETFIGHTER V4 series】
●価格:249万5000円〜 [写真タップで拡大]

MONSTER/+

【MONSTER/+】
●価格:147万5000円〜 [写真タップで拡大]

SCRAMBLER series

【SCRAMBLER series】
●価格:108万9000円〜 [写真タップで拡大]

MULTISTRADA V2 series

【MULTISTRADA V2 series】
●価格:179万9000円〜 [写真タップで拡大]

X DIAVEL series

【X DIAVEL series】
●価格:238万5000円〜 [写真タップで拡大]

TOPICS:スマホ連動の先駆者はドゥカティ!

スマホ連動バイクが普及し始めたのは’15年頃。そのキッカケとなったのが5 世代目にあたる’15ムルティストラーダ1200だ。電脳満載のハイテクツアラーが初のスマホ連動機能を搭載したことで、以後急速に広がることになった。

'15 ムルティストラーダ1200 メーター画面

[写真タップで拡大]

'15 ムルティストラーダ1200 コントロールスイッチ

この頃からスイッチがさらに複雑化していき、ゲームのコントローラー風ボタンも登場。 [写真タップで拡大]

'15 MULTISTRADA 1200S

【’15 MULTISTRADA 1200S】
●当時価格:249万9000円~ [写真タップで拡大]

【BMW】2輪最大、10.25インチも選べる!

採用システム:mySPIN

ドゥカティと並んで対応モデルが多いBMW。全て多機能なマイスピン系となる。’21 R1250RTを皮切りに、豪華ツアラー系ら4車種に採用されているのが10.25インチの大画面メーター。分割表示機能もあり、実に便利だ。

ただし国内ではマップを表示できない。欧州ではOKなのだが、アプリが日本地図に対応していないことが理由。アップデートを待ちたい。

R1250RT メーター

[写真タップで拡大]

R1250RT スマホ収納室

【機能充実、あとは地図対応だ】R1250RTにはスマホ収納室があり、BTのほか、Wi-Fiでも連携。有線に加え、なんと無線充電が可能で、収納室が35度以上になるとファンでスマホを冷却してくれる。 [写真タップで拡大]

マルチコントローラー

BMW自慢のマルチコントローラーは’09年から導入。上下に回転させたり、左右に傾けたりして直感的に操作でき、使い勝手は抜群だ。 [写真タップで拡大]

大画面マップ(海外仕様)

海外では大画面にマップを映して、2分割表示もできる。今後の対応に期待したい! なお新K1600はオプションのナビが装着可能。 [写真タップで拡大]

BMW Motorrad Connectedアプリ

【スマホに詳細な走行データを記録】BMW Motorrad Connectedアプリを通じて、電話発信、電話着信表示、音楽再生が可能に。スマホにはバンク角や加速などを含む走行ログなどを表示できる。写真はM1000RRのもの。 [写真タップで拡大]

採用車の一例

R1250RT

【R1250RT】
●価格:310万5000円〜 [写真タップで拡大]

K1600 series

【K1600 series】
●価格:335万5000円〜 [写真タップで拡大]

R18 TRANSCONTINENTAL

【R18 TRANSCONTINENTAL】
●価格:372万6000円〜 [写真タップで拡大]

CE04

【CE04】
●価格:161万円〜 [写真タップで拡大]

採用システム:mySPIN(普及版)

R18/クラシックやRナインT、G310シリーズを除いてマイスピンの6.5インチ液晶を搭載する。電話、音楽プレイヤーを使用でき、電話着信の相手も表示。メーターは日本語対応なので安心だ。

なおF850GS/750GSのように注文時の工場オプションでTFTメーター(1万9000円)を選ばないと連動NGの車種もある。

R1250GS series メーター

[写真タップで拡大]

BMW mySPIN 普及版 メーター

【普及版は6.5インチ仕様】普及版にもmySPINを採用するBMW。こちらのメーターは6.5インチ仕様となる。 [写真タップで拡大]

採用車の一例

M1000RR

【M1000RR】
●価格:383万8000円~ [写真タップで拡大]

S1000RR

【S1000RR】
●価格:236万円~ [写真タップで拡大]

S1000R

【S1000R】
●価格:181万円〜 [写真タップで拡大]

R1250R

【R1250R】
●価格:202万1000円~ [写真タップで拡大]

F900R

【F900R】
●価格:108万1000円〜 [写真タップで拡大]

R1250GS series

【R1250GS series】
●価格:226万2000円〜 [写真タップで拡大]

S1000XR

【S1000XR】
●価格:202万8000円〜 [写真タップで拡大]

F850GS series

【F850GS series】
●価格:204万2000円〜 [写真タップで拡大]


※各メーカー別に掲載している車種は、機能を搭載している車種の一部です。※各写真は海外仕様のものを含みます。 ※本記事は”ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース