モリワキGB350鉄馬プロジェクトレポート#1【一般公募のライダーでワンメイクレースに参戦】

モリワキGB350鉄馬プロジェクト

「モリワキレーシングライダーになりたい」 というライダーの夢を実現する「GB350鉄馬プロジェクト」。’22年元日にWEBヤングマシンにて一般公募を告知して以降、関係各位の熱意と努力により、ついに5月1日に行われたレース「鉄馬」に参戦を果たすことと相成った。その詳細をお届けする前に、このプロジェクトのそもそもの成り立ちや、初期開発テストの模様を振り返りたい。

●文/まとめ:ヤングマシン編集部(伊藤康司) ●CG:SRD ●写真/取材協力:モリワキエンジニアリング

応援してくれたファンへ、モリワキからの恩返し

モリワキエンジニアリングは、鈴鹿8時間耐久や全日本選手権に参戦し、数多くのプロフェッショナルライダーを輩出した日本屈指のレーシングコンストラクター。かつてはオリジナルフレームでモトGPに参戦するなど、我々ライダーに多くの夢を与えてくれた。’23年で50周年を迎えるモリワキは、「長くレース活動を続けてこられたのは、ファンが支えてくれたから」と言う。夢を原動力に数々のレースに挑んできたモリワキが、支えてきてくれたファンに恩返しをしたい。それがこの「GB350鉄馬プロジェクト」だ。

「鉄馬」とは、HSR九州で開催される、鉄フレーム車によるイベントレース。モリワキは’20年からZ900RSで参戦しているが、これもファンやユーザーとの交流を目的としている。

Z900RSモリワキ改

【Z900RS MORIWAKI改】HSR九州で開催される鉄フレームバイクのレース・鉄馬に、モリワキは’20年からZ900RS MORIWASKI改で参戦している。足まわりのセットアップも、大きな振り幅で変化を楽しみながら走りを追求。このノウハウがGB350プロジェクトにも受け継がれる。 [写真タップで拡大]

そんな折に、2輪レースの門戸拡大を目的とするGB350ワンメイクレース開催の連絡が鉄馬関係者から届き、参戦依頼を快諾したモリワキ。しかし、Z900RSでライダーを務める森脇尚護副社長は、鈴鹿8耐で総合3位の経歴も持つ国際ライセンスライダーで、入門クラスのレースには参戦できない。そこで社内から出たアイデアが”ライダーの一般公募”だった。「モリワキのレーシングライダーになりたい」という夢を叶えるプロジェクト。かつて、こんな途方もないファンサービスが存在しただろうか。

モリワキエンジニアリング・森脇護社長

【モリワキエンジニアリング森脇護社長:仰天企画も名伯楽は大賛成】ライダーを”一般公募”してレース参戦という突拍子もないアイデアには、社員も驚愕。しかし森脇護社長は、「鳩が豆鉄砲を食らったような顔をしとるぞ! おもしろいやないか!!」と大賛成。”夢”を原動力に数々のレースに挑戦し続けてきた、モリワキならではの大英断だ。 [写真タップで拡大]

そして、モリワキが参戦するからには、入門レースとはいえ自社開発の本格マシンを用意する。開発ライダーを務めるのは、このプロジェクトのリーダーでもある尚護副社長だ。

「GB350は、パーツ開発などですでに公道で乗っています。空冷単気筒はマイルドなのにパンチがある、っていう感じでしょうか。街乗りでは扱いやすいエンジンですよね。でもサーキットではどうなんだろう? 実は19インチ初体験なので(笑)、少し不安もあったのですが、これが違和感なく気持ちよく走れるんです!」と、サーキット初テストは好感触だった。

「鉄馬に向けてマシンをしっかり仕上げることが目標ですが、このプロジェクトで開発するパーツやマシンのスタイルが、今後のGBカスタムの方向性のひとつになったらいいな、と思います」 これはGBユーザーにとって吉報ではないだろうか。

鉄馬GB350プロジェクト|開発テスト
鉄馬GB350プロジェクト|開発テスト

【初テストは鈴鹿。急ピッチの開発進行】プロトタイプのセパレートハンドル/ステップキット/マフラー(もちろん“モナカ”)などを装備した状態で初テスト。マフラーや車体の接地確認なども行った。レーサーとしては異質の“前輪19インチ”にもかかわらず違和感なく走れ、まずは好感触。 [写真タップで拡大]

モリワキエンジニアリング・森脇尚護副社長

【モリワキエンジニアリング・森脇尚護副社長】「モリワキはトリプルツリーやスイングアームといった操安系のパーツをはじめ、サーキットという最高の実験場でテストしてレースに投入し、ストリート製品にも反映してきました。これは社長がモリワキを創業した当時のZ1レーサーの頃から変わりなく、CBR1000RRのようなスーパースポーツはもちろん、Z900RSやGB350にも引き継がれています。独創的なモノ作りは夢があって楽しいじゃないですか。GBは今後、様々な方向性のカスタムが登場すると思いますが、その選択肢のひとつに、サーキット走行やレースがあってもいいですよね。ベースに魅力があるんですから!」 [写真タップで拡大]

そして、本年元日にWEBヤングマシンに掲載された一般公募告知を経て、ライダーは東京都の金子美寿々さんに決定した。 次回#2では、金子さんのモリワキやレースへの思い、テストライディングの模様をお届けする。

鉄馬GB350プロジェクト・一般公募ライダー

【選ばれたライダーは3児のお母さん】’22年の元旦にWEBヤングマシンで告知した「モリワキレーシングライダー・一般公募」で、多くの応募者の中から厳選な書類選考とWEB面接を経て選ばれたのは、東京都在住の主婦・金子美寿々さん。バイクへの熱い想いや取り組みに、モリワキ側が強く心打たれた結果だ。 [写真タップで拡大]


※本記事は”ヤングマシン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

モリワキエンジニアリングに関連する記事

Z900RSシリーズ・カスタムパーツカタログ〈プロテクションパーツ|ベビーフェイス/ストライカー etc.〉

ベビーフェイス:エンジンの前後左右をがっちりガード アルミ削り出しのベース部と樹脂製スライダー部の組み合わせで、ダメージを最小限に抑えるエンジンスライダーは、左右セットで販売。フレームスライダーは、シリンダーヘッド前方のエンジンマウントに取り付けるFタイプと、エンジン中央に近いシリンダー後方エンジンマウントに取り付けるCタイプの2つがあり、双方を使うことでさらに高い保護性能が期待できる。他にも、前 […]

モリワキGB350鉄馬プロジェクトレポート#2【ワンメイクレースに向け、人車ともに進化】

HSR九州のイベントレース「鉄馬(てつうま)」にて、GB350のワンメイクレースが開催された。そこに日本屈指のレーシングコンストラクターであるモリワキエンジニアリングが、一般公募ライダーで参戦。本記事では、そのレースの模様をお届けする前に、4月に行われた鈴鹿ツインサーキットの走行会=ピレリファントラックデイにて、ライダーに選ばれた金子美寿々さんが行なった練習走行の模様を振り返る。 GBワンメイクの […]

カワサキZ900RSシリーズ・カスタムパーツカタログ〈サスペンション&ブレーキ#1|オーリンズ/ナイトロンetc.〉

オーリンズ:リプレイスサスペンションの代名詞的な存在 KA739は、大口径シングルチューブショックに油圧式リモートプリロード調整をビルトイン。伸側40段の減衰調整に加え、Z900RS SE標準装備のオーリンズサスペンションにはない車高調整機能も完備する。KA740はさらに高い”コシのあるしなやかさ”を達成した、ハイエンドなブラックライン製品。フロントサスペンションもカートリ […]

モリワキGB350鉄馬プロジェクトレポート#1【一般公募のライダーでワンメイクレースに参戦】

「モリワキレーシングライダーになりたい」 というライダーの夢を実現する「GB350鉄馬プロジェクト」。’22年元日にWEBヤングマシンにて一般公募を告知して以降、関係各位の熱意と努力により、ついに5月1日に行われたレース「鉄馬」に参戦を果たすことと相成った。その詳細をお届けする前に、このプロジェクトのそもそもの成り立ちや、初期開発テストの模様を振り返りたい。 応援してくれたファンへ、モ […]

カワサキZ900RSシリーズ・カスタムパーツカタログ〈バックステップ/ハンドルバー/スイングアームetc. #1〉

ベビーフェイス:数多くのライダーたちと進化を続ける ストリートはもちろん、モトGP/AMA/全日本選手権でサポートライダーがテストを行い、日々進化を続けるベビーフェイスのバックステップ。ダブルベアリングの可動部で極めてスムーズな操作性と、バーエンドの盛り上がり部分まで及ぶ切削ロレットにより、雨でも不安のないコントロール性を実現。Z900RS用は上方40/55mm/後方45/57.5mmの4ポジショ […]

モリワキGB350レーサー、ついに完成! 前輪17インチのカフェスタイルが新鮮だ

5月1日にHSR九州で開催されるホビーレース「鉄馬(てつうま)」に参戦を予定している、モリワキのGB350Sレーサーが遂にその姿を現した。サーキットでの戦闘力を高める前輪17インチ化をはじめ、ストリートマシンにも転用したくなる注目のカスタムが満載だ。 セパハン、モナカ、バックステップにシングルシート! HSR九州で開催される「鉄馬」のGBワンメイクレースに、ライダーを一般公募して挑むというモリワキ […]

カワサキZ900RSシリーズ・カスタムパーツカタログ〈スタイリングパーツ#3|エーテック/モリワキetc.〉

エーテック:あらゆる外装をカーボンにできる カーボン製品のブラックダイヤモンドシリーズを展開するエーテックは、Z900RS/カフェ向けにも全身にわたる多種多様な外装パーツを製作。平織/綾織の一般的なドライカーボンのほか、カーボンケブラーや最高強度を誇るCFRPの”開繊”仕様も商品によって設定されている。またFRP製品も人気商品に設定。エーテックの造形美をリーズナブルに楽しめ […]

ヤンマシ的ホットアイテムピックアップ×9選〈SHOEI Z-8/ヨシムラ×クシタニジャケット etc.〉

SHOEI Z-8フォートレス 快適性能を追求したピュアスポーツフルフェイス・Z-8に、要塞をイメージした新グラフィックモデル「フォートレス」が登場。受注生産限定だ。 ヨシムラジャパン ヨシムラクシタニ エアーコンテンドジャケット ヨシムラとクシタニがコラボした春夏向けメッシュジャケット。ナイロン素材やニット素材とのハイブリッド仕様で強度や運動性能を高めている。 ヘンリービギンズ フィールドメッシ […]

最新の記事

ホームフラッグシップ フィールドライドシューズ試用インプレッション【歩きやすさと操作性を両立】
WEBヤングマシン|新車バイクニュース