これが新しいホンダツアラーのカタチ!

ホンダ新型「NT1100」正式発表!! アフリカツインの心臓と骨格を持つ旅バイク

ホンダは欧州で、アフリカツインのエンジンとフレームをベースに、前後17インチホイールを履くスポーツツーリングモデル「NT1100」を発表した。特徴的な270度クランク並列2気筒はそのままに、シャープなステアリングジオメトリーを与え、もちろんDCT仕様もラインナップされる!

快適で俊敏かつ楽しオールラウンダー、それがNT1100だ

ホンダは欧州でNT1100を発表。すでにティーザー動画でチラ見せしていたスポーツツアラーが待望の正式発表で姿を現した。

心臓と骨格はCRF1100Lアフリカツインがベースになっており、ツーリングに適したライディングポジションと空力性能、アップルカープレイ/アンドロイドオートに接続できるフルカラー6.5インチTFTのタッチスクリーンディスプレイ、さらにクルーズコントロール、グリップヒーター、大型のパニアケース、USBソケット、ACC電源ソケット、センタースタンドが標準装備されている。ウインドスクリーンは164mmの幅で高さが調整でき、マフラーを低く設計することでパニアケースの容量は左右ほぼ均等の左33L/右32Lを実現した。

メインフレームはCRF1100Lアフリカツインのセミダブルクレードルを用い、ボルトオンでアルミ製サブフレームを締結。フロントにはSHOWA製φ43mm倒立フォークを採用し、シングルチューブのリヤショックは油圧でプリロードを調整可能。オンロード寄りになった前後サスペンションは、ともにホイールトラベル150mmとわずかに脚長系で、最低地上高175mmを確保しているのもアフリカツインベースならではだろう。フロントブレーキにはφ310mmダブルディスクとラジアルマウント4ピストンキャリパーが奢られ、タイヤサイズはオンロードツアラーの定番ともいえる前120/70ZR17/後180/55ZR17の組み合わせだ。

アフリカツインから継承する270度クランク並列2気筒エンジンは、スムーズな加速と心地よい低回転域を実現し、燃費20km/Lと容量20.4Lの燃料タンクにより400kmの航続レンジを確保。電子制御関連ではライディングモードがプリセット3種類+マニュアル設定2種類用意され、これに3段階のホンダセレクタブルトルクコントロール(トラコンに相当)や3段階のウイリーコントロールをコンバイン。ほかにエレクトロニクス系としてはフルLEDライト、オートキャンセル機能付ウインカー、エマージェンシーストップシグナルをパッケージした。トランスミッションはマニュアル6速とDCT6速のラインナップとなっている。

DCTはオートマチック(AT)モードとマニュアル(MT)があり、スポーティに走りたい時に使うSモードにも3レベルのシフトスケジュールが用意された。ちなみに、2009年のVFR1200Fに始まるDCT搭載車は欧州ですでに20万台を販売し、2020年には53%のユーザーがMT仕様よりもDCT仕様を選んだという。

気になる価格は、英国で1万1999ポンド(日本円換算約188万8000円)/DCT=1万2999ポンド(日本円換算約204万6000円)とされており、同じく英国におけるCRF1100Lアフリカツインの1万3049ポンド(換算約205万4000円)/DCT=1万3949ポンド(換算約219万5000円)と比較すると、日本でNT1100が発売された場合の予想価格は148万円~161万円程度といったところ。

なお、3種類のアクセサリーパックもラインナップしている。50Lトップボックスと4.5Lのタンクバッグをセットにした“アーバンパック”、コンフォートシートとコンフォートピリオンステップ、フォグランプをセットにした“ツーリングパック”、これらすべてをパッケージしたボヤージュパックだ。

発売時期についての具体的な言及はないが2022年の早い時期で間違いないだろう。日本仕様の登場にも期待したい!

HONDA NT1100 / DCT[2022 model]

HONDA NT1100 / DCT[2022 model] [写真タップで拡大]

HONDA NT1100 / DCT[2022 model]

HONDA NT1100 / DCT[2022 model] [写真タップで拡大]

HONDA NT1100 / DCT[2022 model]

主要諸元■全長2240 全幅865 全高1360 最低地上高175 軸距1535 シート高820(各mm) 車重238[248]kg■水冷4ストローク並列2気筒SOHC4バルブ 1084cc 102ps/7500rpm 10.6kg-m/6250rpm 変速機6段 燃料タンク容量20.4L■キャスター26.5°/トレール108mm ブレーキF=φ310mmダブルディスク+4ポットキャリパー R=φ256mmディスク+1ポットキャリパー タイヤサイズF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ※[ ]内はDCT ●参考価格:1万1999ポンド(日本円換算約188万8000円)/DCT=1万2999ポンド(日本円換算約204万6000円) ●色:銀、黒、白 ●予想発売時期:2022年

HONDA NT1100 DCT[2022 model]

HONDA NT1100 DCT[2022 model]Matte Iridium Gray Metallic [写真タップで拡大]

HONDA NT1100[2022 model]

HONDA NT1100 DCT[2022 model]Matte Iridium Gray Metallic [写真タップで拡大]

HONDA NT1100 DCT[2022 model]

HONDA NT1100 DCT[2022 model]Matte Iridium Gray Metallic [写真タップで拡大]

HONDA NT1100 DCT[2022 model]

HONDA NT1100 DCT[2022 model]Matte Iridium Gray Metallic [写真タップで拡大]

HONDA NT1100 DCT[2022 model]

HONDA NT1100 DCT[2022 model]Matte Iridium Gray Metallic [写真タップで拡大]

HONDA NT1100 DCT[2022 model]

HONDA NT1100 DCT[2022 model]Matte Iridium Gray Metallic [写真タップで拡大]

HONDA NT1100 DCT[2022 model]

HONDA NT1100 DCT[2022 model]Pearl Glare White [写真タップで拡大]

HONDA NT1100 DCT[2022 model]

HONDA NT1100 DCT[2022 model]Graphite Black [写真タップで拡大]

HONDA NT1100 DCT[2022 model]

HONDA NT1100 DCT[2022 model] ※オプション装着車 [写真タップで拡大]

HONDA NT1100 DCT[2022 model]

HONDA NT1100 DCT[2022 model] ※オプション装着車 [写真タップで拡大]

HONDA NT1100 / DCT[2022 model]

6.5インチフルカラーTFTディスプレイには、ライディングモードや各種電子制御情報、燃料残量などを表示。その下にはシンプルな液晶表示版とインジケーターパネルが配置される。 [写真タップで拡大]

HONDA NT1100 / DCT[2022 model]

Bluetooth接続によりアップルカープレイおよびアンドロイドオートに対応。画面にマップや通信などの情報を表示していても別体の液晶パネルで速度やギヤ段数が表示できるので便利だ。 [写真タップで拡大]

HONDA NT1100 / DCT[2022 model]

ヘッドライトOFF [写真タップで拡大]

HONDA NT1100 / DCT[2022 model]

DRL(デイタイムランニングライト) [写真タップで拡大]

HONDA NT1100 / DCT[2022 model]

ロービーム [写真タップで拡大]

HONDA NT1100 / DCT[2022 model]

ハイビーム [写真タップで拡大]

HONDA NT1100 / DCT[2022 model]

縦長に配置されたディスプレイ群はアフリカツインの血統を感じさせる。ハンドル幅はオンロードツアラーとして調整され、アフリカツインの全幅960mmに対しNT1100は全幅865mmに。 [写真タップで拡大]

HONDA NT1100 / DCT[2022 model]

標準装備のパニアケースは左側33L/右側32Lの容量を実現。アフリカツインに対しローマウントとされたマフラーがこんなところにも利いている。 [写真タップで拡大]

HONDA NT1100 / DCT[2022 model]

アクセサリー設定されるトップボックスは容量50L。 [写真タップで拡大]

HONDA NT1100 / DCT[2022 model]

大型のグラブバーを兼ねたリヤキャリア。 [写真タップで拡大]

HONDA NT1100 / DCT[2022 model]

HONDA NT1100 / DCT[2022 model] [写真タップで拡大]

HONDA NT1100 / DCT[2022 model]

HONDA NT1100 / DCT[2022 model] [写真タップで拡大]

HONDA NT1100 / DCT[2022 model]

HONDA NT1100 / DCT[2022 model] [写真タップで拡大]

HONDA NT1100 / DCT[2022 model]

HONDA NT1100 / DCT[2022 model] [写真タップで拡大]

HONDA NT1100 / DCT[2022 model]

HONDA NT1100 / DCT[2022 model] [写真タップで拡大]

HONDA NT1100 / DCT[2022 model]

HONDA NT1100 / DCT[2022 model] ※アクセサリー装着車 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

マシン・オブ・ザ・イヤー2021
マシン・オブ・ザ・イヤー2021

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報