第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

懐かしの栄光カラー・レプリカ復刻モデル列伝#3【ロスマンズ/マルボロ/ラッキーストライク/ウォルターウルフ】

昭和を彩った栄光のカラーリングモデルは、これまでも何度かレプリカ化されている。そこで、もう一度復活してもらいたいモデルを独断と偏見で集めてみた。 本記事では真打ち・ロスマンズ/マルボロ/ラッキーストライク/ウォルターウルフレプリカが登場!!


●文:ヤングマシン編集部(野田ノダ夫)

ホンダNSR250R SP[’88]:栄光のロスマンズ軍団

昭和オジサンには、レプソルよりもロスマンズ好きが多い印象。やっぱりレプリカ人気の絶頂期だったからですかね。当時は市販車も400から50ccまで次々とレプリカが売られた贅沢な時代。タバコ広告の厳しい現代では、ロゴ入りの公式復刻カラーなんて、さすがに無理だろうなあ。

HONDA NSR250R SP

’88 HONDA NSR250R SP】 [写真タップで拡大]

HONDA NSR500

元ネタ:’85 ホンダNSR500 [写真タップで拡大]

HONDA NS400R

【’85 HONDA NS400R】 [写真タップで拡大]

ホンダNS250Rスペシャルエディション

【’86 HONDA NS250R SPECIAL EDITION】 [写真タップで拡大]

HONDA VFR400R

【’87 HONDA VFR400R】 [写真タップで拡大]

ホンダNS-1

【’94 HONDA NS-1 SPECIAL COLOR】 [写真タップで拡大]

ヤマハTZR250 マールボロ特別仕様車[’86]:対抗するのはマールボロだ

ロスマンズと双璧を成すのがマールボロ。TZR/YSR/スクーターのチャンプなどにレプリカカラーが設定されていた。実際のGPマシンでは赤い部分が蛍光オレンジに近い色。ポジフィルムの発色性能に合わせたのだろう。写真には赤く写った。

ヤマハTZR250マールボロ特別仕様車

【’86 YAMAHA TZR250 MARLBORO】 [写真タップで拡大]

YAMAHA YZR500

元ネタ:’83 ヤマハYZR500 [写真タップで拡大]

YAMAHA YSR50

’86 YAMAHA YSR50 MARLBORO】 [写真タップで拡大]

スズキRGV-Γ 250SP[’96]:ラッキーストライク派? それともウォルターウルフ派?

ラッキーストライクカラー

ラッキーストライクは、ヤマハからスズキにスポンサードを移した後でシュワンツが大活躍。それまでのペプシを凌ぐ人気カラーとなった。全日本250でもチャンピオンを獲得。レプリカはVJ22とVJ23の250Γで展開された。

SUZUKI RGV-Γ 250SP

’96 SUZUKI RGV-Γ 250SP】 [写真タップで拡大]

SUZUKI RGV-Γ

元ネタ:’93 スズキRGV-Γ [写真タップで拡大]

SUZUKI RGV250Γ

【RGV250Γ[1994]】 [写真タップで拡大]

ウォルターウルフカラー

’80年代のスズキファンはワルっぽさのあるウォルターウルフカラーにシビれていた。レプリカは500~50の各RG-ΓやスクーターのHiで展開。タバコブランドではないので、ぜひとも現代のマシンでそのカラーリングを復刻してほしい!

SUZUKI RG500Γ

【’85 SUZUKI RG500Γ】 [写真タップで拡大]

SUZUKI RGV-Γ

元ネタ:’93 スズキRGV-Γ [写真タップで拡大]

SUZUKI RG250Γ

【’85 SUZUKI RG250Γ】 [写真タップで拡大]

SUZUKI Hi

【’86 SUZUKI HI】 [写真タップで拡大]


※本内容は記事公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース